コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コキンチョウ(胡錦鳥) コキンチョウGouldian finch

世界大百科事典 第2版の解説

コキンチョウ【コキンチョウ(胡錦鳥) Gouldian finch】

スズメ目カエデチョウ科の鳥。スズメより少し小さく,全長約14cm。カエデチョウ科の中ではもっとも鮮やかな色の美しい鳥の一つ。背が緑で腰が青く,胸は紫色。腹は黄色く,下尾筒は白い。中央2枚の尾羽は長く,先がとがっている。額と顔の色は黒いもの,赤いもの,黄色のものの3型があり,それぞれクロコキンチョウ,アカコキンチョウキコキンチョウと名付けられているが,これらは遺伝的な変異で,1腹の雛から3型が生ずることもあるといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android