コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクタン(黒檀) コクタンDiospyros ebenum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コクタン(黒檀)
コクタン
Diospyros ebenum

カキノキ科の常緑大高木で,インド南部とスリランカの原産といわれる。高さ 30m以上にもなり,枝分れしてほぼ水平に枝を伸ばす。この枝に長さ6~10cmの長楕円形で質の硬い葉を2列に互生する。花は葉腋に1個ずつつき,カキの花に似て大きな4裂した萼筒に包まれた杯状の花冠があり,上半部はやはり4片に裂ける。心材は堅く,黒く,磨くと光沢が出て美しいので,家具,楽器などに用いる。なお,同じカキノキ属の高木で,美しい材を提供する D. mollisD. embryopterisD. chloroxylonなどの材木を総称して黒檀と呼ぶことも多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コクタン(黒檀)【コクタン】

カキノキ科カキノキ属のうち,心材部が大きくて黒色で美しく,用材として利用される常緑高木の総称。十数種があり,インド〜東南アジア,アフリカ熱帯部に分布する。うちインド,スリランカ産のインドコクタンは幹は直立し,水平に枝を出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コクタン【コクタン(黒檀) ebony】

カキノキ科カキノキ属Diospyrosの樹木には黒色の心材を有するものがあり,これをコクタンと総称する。シタンタガヤサンカリン(花櫚)などとともに代表的な唐木(からき)の一つで,床柱,框(かまち),和机,飾棚,仏壇,茶だんす細工物,美術工芸品,楽器(ピアノの鍵盤,バイオリン糸巻など),箸,そろばん枠などに賞用される。材質が緻密で,気乾比重0.80~1.43(一般には1.05~1.20)ときわめて重硬である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコクタン(黒檀)の言及

【木工芸】より

…木を材料として美術的に価値ある製品をつくる技術,またその技術を用いてつくられた生産品のこと。家具や調度,建具なども含まれる。
[西アジア,西欧]
 木の家具の歴史は古く,古代エジプトではファラオの玉座をはじめ寝台,椅子,腰掛,櫃(ひつ),テーブル,化粧箱,頭架などが作られている。それらの装飾には彫刻,象嵌,塗装,金箔付けなど木工芸にとって主要な装飾技法が使われていた。木材加工に使用した工具には鋸(のこぎり),鑿(のみ),ハンマー,斧,錐(きり),小刀,砥石(といし)などがあり,また部材の組手には枘接(ほぞつぎ)と蟻接(ありつぎ)などが使われていたことからみて,古代エジプトの木工技術はきわめて高い水準に達していたものとみられる。…

※「コクタン(黒檀)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コクタン(黒檀)の関連キーワード唐木(外材)カキノキ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android