コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシャクシギ Numenius minutus; little curlew

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コシャクシギ
Numenius minutus; little curlew

チドリ目シギ科。全長 29~31cm。眉斑と頭央線は淡褐色で,これらの間に黒褐色の帯が入る。背面と頭頸部は黄褐色で,暗褐色の縦斑や虫くい模様があり,腹部は白っぽい。は細長く,下に湾曲している。チュウシャクシギに似ているが,より小型で嘴も短い。シベリア北部から東へインジギルカ川流域あたりにかけて繁殖し,マルク諸島からニューギニア島オーストラリアまでの地域で越冬する。日本には旅鳥(→渡り鳥)として少数が干潟,湿地,草原などに渡来する。(→渉禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コシャクシギ
こしゃくしぎ / 小杓鷸
little whimbrel
[学]Numenius minutus

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。中部シベリアで繁殖し、冬は南へ移動、南半球にまで渡るものもある。日本には旅鳥として渡来するが、その数は多くない。九州や対馬(つしま)では、比較的記録が多い。全長約31センチメートル、翼長約18.5センチメートル、褐色の体に黒褐色の縦斑(じゅうはん)がある。嘴(くちばし)は下に曲がっており、海岸に近い農耕地や草地にいて昆虫などをあさる。日本では、1羽か2羽でいるときの記録が多いが、鹿児島県で20羽以上の群れが観察されたことがある。飛びながらクイーックイクイクイと鳴く。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コシャクシギの関連キーワード国際保護鳥高野伸二杓鴫

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android