コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コスイギン コスイギン Kosygin, Aleksei Nikolaevich

5件 の用語解説(コスイギンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コスイギン
コスイギン
Kosygin, Aleksei Nikolaevich

[生]1904.2.21. ペテルブルグ
[没]1980.12.18. モスクワ
ソ連の政治家。 1919年赤軍に志願し国内戦に参加,その後消費組合繊維産業で働き,27年共産党に入党。 35年レニングラード繊維専門学校を卒業し,37年繊維工場長,38年レニングラード市市長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コスイギン(Aleksey Nikolaevich Kosïgin)

[1904~1980]ソ連の政治家。蔵相・軽工業相・第一副首相などを経て、1964年首相に就任。ブレジネフ書記長とともに指導的地位を占め、経済改革国際緊張の緩和に尽力した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コスイギン

ソ連の政治家。1919年革命軍に参加,1927年共産党に入党。繊維工場の技師,工場長を経て,1939年繊維工業人民委員,党中央委員に抜擢(ばってき)された。1940年―1953年,1960年―1964年副首相,1960年党中央幹部会員となり,1964年フルシチョフを退陣させて首相(―1980年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コスイギン【Aleksei Nikolaevich Kosygin】

1904‐80
ソ連の政治家。ペテルブルグに生まれ,1927年からの共産党員。35年繊維専門学校修了後軽工業の指導にあたる。党内では39年から党中央委員,スターリンの晩年および60年以後はソ連邦最高幹部会会員,政治局員。大粛清後台頭した典型的テクノクラート的党官僚で,1939年から繊維工業人民委員,40年からは人民委員会議議長代理,ロシア共和国人民委員会議議長(1943‐46),戦後はソ連邦閣僚会議議長代理や財務相,軽工業相,ゴスプラン議長などの経済職等を歴任し,60年からは閣僚会議第一副議長(副首相)となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コスイギン
こすいぎん
Алексей Николаевич Косыгин Aleksey Nikolaevich Kosgin
(1904―1980)

ソ連の政治家。2月21日サンクト・ペテルブルグの旋盤工の家庭に生まれる。赤軍従軍後、1927年シベリアの消費組合で活動中に入党。1935年レニングラード(ペテルブルグ)繊維大学卒業、繊維工場勤務を経て、1938年にレニングラード市長。1939年1月繊維工業人民委員として初入閣。翌1940年副首相。1943年からロシア共和国首相、ソ連蔵相、軽工業相などを兼務。党でも1946年に政治局員候補、1948年に政治局員。1953年3月のスターリンの死後、一時、最高指導部を離れるが、まもなく返り咲き、1960年には第一副首相兼党中央委幹部会員。1964年10月のフルシチョフ解任後、首相に就任。利潤方式の導入による経済改革や消費物資の増産、インドパキスタン紛争の調停(1966)、ジョンソン米大統領との会談(1967)、周恩来(しゅうおんらい/チョウエンライ)中国首相との会談(1969)などによる国際緊張の緩和に努める。1970年代末、健康状態の悪化により1980年10月、首相と党政治局員の地位を去り、同年12月18日死去。晩年は、ソ連の経済成長率の低下、米ソ関係の悪化、ブレジネフの権力強化などにより影が薄かった。[中西 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコスイギンの言及

【ソビエト連邦】より

…この結果,64年10月,フルシチョフはその部下たちによって抜打ち的に辞職を強いられるにいたった。
[ブレジネフ期]
 フルシチョフに取って代わったのは,ブレジネフ党第一書記とコスイギン首相といった党と政府機構の上層幹部の代表者であった。彼らはスターリンの〈上からの革命〉で上昇し,フルシチョフの〈スターリン批判〉でテロルの恐怖から解放された人々であった。…

【ソビエト連邦共産党】より

…1957年モロトフら旧スターリン主義者を反党グループ事件で解任したフルシチョフは,首相を兼ね,61年には第2次スターリン批判を行うと同時に,新しい綱領で共産主義社会への前進をうたいあげた。しかし農政の失敗などで彼の指導の恣意(しい)性・主観主義を懸念した党幹部たちは,64年10月フルシチョフを解任し,ここに党務をブレジネフ(やがて書記長),首相をコスイギンに分掌させる集団指導体制が成立した。1960年代にはチェコスロバキアにおける改革運動〈プラハの春〉を武力介入で抑えるが(チェコスロバキア事件),スターリン復権にはふみきらなかった。…

※「コスイギン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コスイギンの関連キーワードペテルブルグペトログラードПетербургサンクトペテルブルグ要塞ペテルスブルクサンクトペテルブルグテレビタワーペテルブルグから来た男サンクト・ペテルブルグ大学ペテルブルグ・ソビエトペテルブルグ大学

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コスイギンの関連情報