コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタマガイ Gomphina aequilatera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コタマガイ
Gomphina aequilatera

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科。長 8cm,殻高 6cm,殻幅 2.5cm。殻は厚くて堅固,丸みのある三角形で,ふくらみは弱い。殻表はほとんど平滑で光沢があり,白,青,黒色などの地に3~4本の放射帯やジグザグ模様などがあり,個体的に異なる。内側は白色。北海道南部から九州,朝鮮半島に分布し,外洋に面した浅海の砂底にすむ。食用。千葉県九十九里浜ではテブという。なお,オキアサリは本種と同種であるが,殻の形状がより三角形状である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コタマガイ
こたまがい / 小玉貝
black shield clam
[学]Gomphina melanaegis

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科の二枚貝。北海道南部から九州にかけて分布し、外洋に面した砂浜浅海に多い。殻長80ミリメートル、殻高60ミリメートル、殻幅25ミリメートルぐらいで、殻は三角形に近く、ハマグリより膨らみは弱い。殻表は光沢があり、白、暗青色、暗褐色などの地に3、4本の黒青色の放射状帯やジグザグ模様がある。内側歯を欠く。チョウセンハマグリの代替資源としてアサハマなどの名で市場に出るが、産地ではヒラガイとかヨリガイなどとよぶ。吸い物や焼きはまぐりのような調理法もされるが、肉はやや硬い。近縁のオキアサリG. veneriformisはやや小形で、より直線的な輪郭をもつ。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コタマガイの関連キーワード大谷地貝塚入野浜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コタマガイの関連情報