コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタマガイ コタマガイ Gomphina aequilatera

2件 の用語解説(コタマガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コタマガイ
コタマガイ
Gomphina aequilatera

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科。殻長 8cm,殻高 6cm,殻幅 2.5cm。殻は厚くて堅固,丸みのある三角形で,ふくらみは弱い。殻表はほとんど平滑で光沢があり,白,青,黒色などの地に3~4本の放射帯やジグザグ模様などがあり,個体的に異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コタマガイ
こたまがい / 小玉貝
black shield clam
[学]Gomphina melanaegis

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科の二枚貝。北海道南部から九州にかけて分布し、外洋に面した砂浜浅海に多い。殻長80ミリメートル、殻高60ミリメートル、殻幅25ミリメートルぐらいで、殻は三角形に近く、ハマグリより膨らみは弱い。殻表は光沢があり、白、暗青色、暗褐色などの地に3、4本の黒青色の放射状帯やジグザグ模様がある。内側歯を欠く。チョウセンハマグリの代替資源としてアサハマなどの名で市場に出るが、産地ではヒラガイとかヨリガイなどとよぶ。吸い物や焼きはまぐりのような調理法もされるが、肉はやや硬い。近縁のオキアサリG. veneriformisはやや小形で、より直線的な輪郭をもつ。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コタマガイの関連キーワード浅蜊沖浅蜊鏡貝小玉貝簾貝二枚貝花貝沖蜆忘貝軟体類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コタマガイの関連情報