コックピット(地形)(読み)こっくぴっと(英語表記)cockpit

  • 地形

翻訳|cockpit

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石灰岩地域において、溶食が進むと、ウバーレやポリエの接する地域には蜂巣(ほうそう)状をした錐(きり)形にとがった丘が残り、もとの地形面は消えうせてしまう。この直線的な配列をした丘陵状の地形をコックピットまたはモゴテスmogotes(塔状カルスト)というが、地方により形態に応じ、名称もさまざまである。コックピットはジャマイカの地名に由来する名称。カルストは凸(とつ)地形が多く孤立しているのに対し、コックピットは連続している。

[三井嘉都夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android