コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトドリ Menura novaehollandiae; superb lyrebird

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトドリ
Menura novaehollandiae; superb lyrebird

スズメ目コトドリ科。全長は雄 80~100cm,雌約 48cmで,雄はスズメ目では最大。オーストラリア固有種。雄の尾羽はたいへん長く,両端が竪琴の枠のような形,模様をし,白地に褐色の節状斑が連なり,先が湾曲している。ほかの尾羽は成雄では白く,レース状になっている。雌や若鳥にはレース状の尾羽はない。羽色は頭部から背が灰褐色,上面が明るい灰褐色,喉から頸が赤褐色,胸腹部が灰色。オーストラリア南東部の湿潤な森林にすみ,タスマニア島に移入されている。求愛する雄は尾羽を広げて背の上にかざし,大声でさえずる(→さえずり)。鳴きまねが巧みで,さえずるときにほかの鳥や動物の鳴き声,機械音などを模倣する。一夫多妻で,巣づくりから育雛まで雌だけが行なう。昆虫やその幼虫,多足類などを地上でとる。なお,コトドリ科 Menuridaeは 2種からなり,もう 1種のアルバートコトドリ M. alberti はオーストラリア東部に分布し,全長が雄 90cm,雌 65cmで,コトドリより褐色みが強い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コトドリ

コトドリ科の鳥。翼長23cm,尾羽は50cmでスズメ目中最大。体形はキジに似る。色は褐色。オーストラリア東部に2種が知られ,密林中の地上にすむ。繁殖期に雄はテリトリーの中に土を盛って直径1mほどの踊場を作り,その上でさえずったり,長い尾羽を竪琴(たてごと)状に立てたりしてディスプレーをする。他の鳥やイヌの声をうまくまねるという。林床や巨木の根元などにドーム状の巣を作り,1卵を産む。
→関連項目オーストラリア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コトドリ
ことどり / 琴鳥
lyrebird

広義には鳥綱スズメ目コトドリ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。ディスプレーの際に広げられた雄の尾羽が、古代ギリシアの竪琴(たてごと)に似ている瞬間があるので、この英名と和名がある。同科Menuridaeには2種が属し、ともにオーストラリアに限り分布する。種としてのコトドリMenura superba(またはM. novaehollandiae)は南東部沿岸地帯の山地の森林、とくにシダ類の茂った渓谷や、花崗岩(かこうがん)帯に点在する、下草の多い明るい林を好む。全長は雄が約90センチメートル、雌は約50センチメートル。羽色は雌雄よく似ており、灰褐色で頸(くび)の前部と翼は赤みが強い。雄の尾羽はとくに長く約60センチメートルに達し、もっとも外側の左右1枚ずつは幅広くS字状に伸びていて、竪琴の枠に似ている。中央の1枚ずつは白く長いひも状であるが、ほかの尾羽は銀色のレースのように広がっている。5~6月に、雄は地上の落ち葉などをかき集めて直径1メートル弱の小山をいくつもつくり、この上で種々の鳥の歌まねを交えてさえずりながら、尾羽を広げて全身を覆うように前に倒し震わせる。これは求愛のディスプレーではなく、縄張りを誇示する意味しかない。一夫多妻の繁殖様式で、雌は地上や岩の上、木の根元などに、小枝やコケで、側面に出入口のあるドーム形の巣をつくり、1卵を産む。抱卵、育雛(いくすう)ともに雌のみが行う。他の1種アルバートコトドリM. albertiは、ブリズベン市近くの岩石の多い熱帯雨林にすむ。尾はコトドリよりやや短い。ともに飛ぶ力は弱く、大きく強い足で地面をひっかいて、昆虫、ミミズ、カタツムリなどを食べる。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コトドリの関連キーワードコシウスコ国立公園オーストラリア亜区コトドリ(琴鳥)タロンガ動物園クサムラドリ鳴禽類琴鳥

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android