コナクリ(英語表記)Conakry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コナクリ」の解説

コナクリ
Conakry

ギニア首都。別綴 Konakry。港湾都市。同国南西部,カルーム半島先端に近い大西洋上のトンボ島に位置。本土とは約 300mの橋で結ばれる。高温多湿。 1884年フランスが建設,1891年フランス保護領の首都,1893年フランス領ギニアの首都となり,独立とともに首都の地位を継承。 1950年代にはカルーム半島の鉄鉱石と,沖合いのロス諸島ボーキサイトにより急速に発展。いずれも資源枯渇で開発は停止されたが,内陸のボーキサイトの開発により,その輸出港としての重要性が増大。主要輸出品はボーキサイト (アルミナ) ,コーヒー,パイナップル,パーム油,パーム核,柑橘類で,漁業も発展しつつある。政治,経済,文化の中心地で,果物缶詰,繊維,プラスチック,自動車組み立て,家具製造などの工業のほか,各種の研究・教育機関,博物館などがある。内陸のカンカンにいたる 661kmの鉄道の起点で,国際空港がある。人口 159万7000(2009)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「コナクリ」の解説

コナクリ
こなくり
Conakry

西アフリカ、ギニアの首都。大西洋に突き出したカルーム半島先端のトンボ島にあるが、半島とは埋め立てられた道路で結ばれている。人口109万1483(1996センサス)、158万7600(2002推計)。1887年フランス領となって以来、小さな商港として発展してきたが、第二次世界大戦後カルーム半島の鉄鉱石、沖合いにあるロス諸島のボーキサイトの開発が進み、鉱業都市として急速に発展した。独立以降は両鉱山は枯渇し、鉱業の中心は内陸に移ったが、依然主要な港湾都市である。文化、行政はもとより、同国の製造業、サービス業も大半が集中しているため、人口の流入が著しい。市街は都市から15キロメートルの空港を越えて拡大しつつある。たばこ、マッチ、家具、プラスチック、缶詰、飲料、ペンキなどの軽工業が発達する。内陸のカンカンに至る鉄道の起点で、国際空港がある。1960年、第2回アジア・アフリカ諸国民連帯会議の開催地となった。

[大林 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「コナクリ」の解説

コナクリ

ギニアの首都。同国西部,大西洋岸のトンボ島と橋によって結ばれる本土にまたがる港湾都市。付近に鉄鉱,ボーキサイトを産し,鉱業の中心地でもある。大学(1963年創立)がある。1887年仏領,1893年仏領ギニアの主都。166万7864人(2014)。
→関連項目ギニア(国)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「コナクリ」の解説

コナクリ

(Conakry) アフリカ西部、ギニア共和国の首都。大西洋に臨むトンボ島にあり、本土のカルーム半島とは埋め立て道路でつながっている。ボーキサイト、鉄鉱などを輸出する港湾都市。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「コナクリ」の解説

コナクリ【Conakry】

西アフリカのギニア共和国の首都。人口151万(1995。郊外を含む)。大西洋に突出したカルーム半島の基部に接するトンボ島と,コーズウェーで結ばれた本土にまたがる港湾都市である。国際空港があり,内陸の町カンカンに通ずる約700kmの鉄道の起点である。カルーム半島の鉄鉱石と沖のロス島のボーキサイトは,1960年代後半に採掘が中止されたが,内陸には両鉱石の富鉱があり,コナクリはその鉱業開発に依存する面が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android