コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コヌカグサ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コヌカグサ
こぬかぐさ / 小糠草
[学]grostis alba L.

イネ科の多年草。稈(かん)は基部で分枝して多数が株立ちとなり、高さ0.5~1メートル。5~7月、稈の先に輪生状に分枝した円錐(えんすい)花序を出し、多数の小さな小穂をまばらにつける。小穂は長さ2~2.5ミリメートル、やや光沢があって赤褐色を帯び、1個の花をつける。葯(やく)は長さ1~1.2ミリメートル、内穎(ないえい)とともに護穎の2分の1より長い。護穎は先が鈍く芒(のぎ)はない。北海道から九州にかけて生育する帰化植物で、原野のやや湿った所に群生する。牧草としても広く栽培され、北半球の温帯に分布する。名は、小穂が小さく、糠(ぬか)を思わせることによる。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコヌカグサの言及

【ヌカボ】より

…和名は糠(ぬか)の穂の意味で,小さい小穂が米糠のようにたくさん散った花序にちなむ。 北半球に広く分布するコヌカグサA.alba L.(英名redtop)は茎の高さ1mに及ぶ多年草で,原産地はユーラシアとされるがはっきりしない。日本には牧草として渡来したものが逸出して北海道などに野生化した。…

【ベントグラス】より

…イネ科コヌカグサ属Agrostisの常緑多年草で,芝草や牧草として利用されるものの総称。北半球温帯,亜寒帯に分布する。…

※「コヌカグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android