コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コネクター コネクター

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コネクター

コンピューターやその他のデジタル機器で、機器同士やケーブルを接続するための部品を指す。端子、ポートなどとも呼ばれる。パソコンと周辺機器との接続に使う主なコネクターとしては、外付けハードディスクやマウス、キーボードなどを接続する「USB」、同じく外付けハードディスクなどを接続する「IEEE1394」(別名i.LINK、MacではFireWireと呼ぶ)、ディスプレーを接続する「VGA」「DVI」、イーサネットケーブル(LANケーブル)を接続する「イーサネット」など、さまざまな種類や形状がある。中でもUSBは汎用性が高く、ほとんどのパソコンで、複数のコネクターが用意されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コネクター(connector)

電線と、電線または電気器具とを接続するための電気部品。接続プラグ。
自動電話交換で、発信側の符号により受信側を選出、接続する装置。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コネクター

(1)ステップ・バイ・ステップ式交換機の接続スイッチの一つ。(2)一般にケーブル,コード等により電気回路を接続するため使用される差込型の接続器具の総称

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コネクター【connector】

電気導体間の接続に用い,雌雄の組合せによって着脱ができる部品をいう。2~100本の接続が可能な多極コネクターと,高周波用の同軸コネクターとがある。多極コネクターには,プリント板コネクターを主とするプラグインコネクターと,機器間のケーブルを接続するケーブルコネクターが含まれる。多極コネクターの特徴は,(1)機器あるいは装置の製造を並列化できる,(2)装置の設置における省力化が著しい,(3)装置の罹障時間を短縮できるなどで,電気機器の内・外部に盛んに使用されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

コネクター【connector】

電線と、電線あるいは電気装置とを接続するもの。ピンの突き出たものと、それを受けるものとの一組からなる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

コネクターの関連キーワードhardware interfaceST506インターフェイスシリアルインターフェースパラレルインターフェースジェンダーチェンジャーオスメス変換コネクターカードエッジコネクターディスプレイケーブルDカードエッジソケットポートレプリケーターモジュラージャックコネクターハブ企業PS/2 portCELPソケットBNCコネクターMini PCIDINコネクターエッジコネクターパラレルポート

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コネクターの関連情報