コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノマチョウ コノマチョウMelanitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コノマチョウ
Melanitis

鱗翅目ジャノメチョウ科コノマチョウ属の昆虫の総称。昼間はほとんど活動せず,日没前後にせわしく飛立つ性質がある。前翅端はやや後方に突出し,後翅は尾状の突起をもつ。東南アジアに広く分布する。日本では,南から北上し静岡県まで分布するクロコノマチョウ M.phedimaと,南西諸島のウスイロコノマチョウ M.ledaとが知られる。いずれも暗褐色で,前翅の中央と先端の間に2白紋を含んだ大きな黒紋がある。お互いによく似ており区別がむずかしいが,ウスイロコノマチョウの夏型では裏面の眼状紋が大型で発達しているなどの違いがある。クロコノマチョウは3化性で6~11月にみられ,幼虫の食草はススキ,ジュズダマなど。ウスイロコノマチョウは多化性で一年中みられ,幼虫はサトウキビ,イネ,オヒシバなどを食べる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コノマチョウ
このまちょう / 木間蝶

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科のメラニティス属Melanitisの名称。第二次世界大戦前に日本でコノマチョウとよんでいたものは、現在のウスイロコノマチョウのほかにクロコノマチョウの一部(秋型)を誤って含んでおり、これを明確にするためにコノマチョウの名はメラニティス属の基名として使用され、種名としては用いられなくなった。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コノマチョウの関連キーワードジャノメチョウ(蛇の目蝶)コノマチョウ(木の間蝶)迷チョウ木の間蝶蛇の目蝶白水

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android