コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コパカバーナ コパカバーナCopacabana

翻訳|Copacabana

5件 の用語解説(コパカバーナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コパカバーナ(Copacabana)

ブラジル南部、リオデジャネイロの海岸。国際的な海水浴場・保養地。
ボリビア西部の町。チチカカ湖に突き出た半島に位置する。16世紀にスペイン人が町を開き、教会を建造。褐色の聖母マリアを祭り、毎年8月に行われる聖母祭りには多くの信者が訪れる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コパカバーナ

ブラジル南東部,リオ・デ・ジャネイロ市南東部の地区。大西洋に臨む4.5kmの海岸沿いに多数のホテル,高級アパートが軒を連ね,海水浴と保養の中心をなす世界的な観光地。
→関連項目リオ・デ・ジャネイロ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

コパカバーナ

アメリカのシンガー・ソングライター、バリー・マニロウの曲。1977年発表。全米第8位・全英第42位を記録。1978年のアルバム「愛と微笑の世界」に収録されている。原題《Copacabana》。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コパカバーナ
こぱかばーな
Copacabana

ブラジル南部、リオ・デ・ジャネイロ市内の砂浜海岸レーメ岬からアルポアドール岬まで全長5キロメートルの弓状の海岸で、国際的な海水浴場・保養地として一年中観光客でにぎわう。海岸線に沿うアトランティカ通りには、ホテル、レストラン、アパート群が建ち並び、また山に向かったノッサ・セニョーラ・デ・コパカバーナ街は、ナイトクラブ、バー、映画館がひしめき歓楽街を形成する。海岸の東には、パン・デ・アスーカルの岩峰がそびえる。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コパカバーナの関連情報