コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプト美術 コプトびじゅつ Coptic art

6件 の用語解説(コプト美術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コプト美術
コプトびじゅつ
Coptic art

キリスト教に古くから帰依したエジプトコプト人による,3世紀から 12世紀頃までの美術をさす。現存するコプト美術遺品の多くはキリスト教聖堂に関係したものが多い。聖堂の聖職者たちは下層階級の出身者が多かったために,反貴族的,反ヘレニズム的で,土俗性を強く残した素朴なものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コプト‐びじゅつ【コプト美術】

エジプトのキリスト教美術。3世紀ころに始まり、5、6世紀が全盛期。古代エジプト美術の伝統を根底にヘレニズムや、ペルシアなど東方の影響を受けて展開された。修道院建築・壁画・彫刻・染織にすぐれる。→コプト織

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コプト美術【コプトびじゅつ】

3世紀から9世紀にわたってコプト人が築いた,東方キリスト教美術の一分派であるが,エジプト的伝統とヘレニズム,アレクサンドリアシリア初期キリスト教美術ビザンティン美術などの諸要素が混じりあって,特殊な色彩を帯びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コプトびじゅつ【コプト美術】

エジプトのナイル川中流および下流で,2世紀末ごろから7世紀ごろまで,いわゆるコプト人によって営まれたキリスト教美術をいう。7世紀にイスラム教徒が侵入し,この地域を占領したのちもコプト美術は数世紀間存続し,イスラム美術に文様などの点で影響をあたえた。 コプト美術は,まず,古代末期ヘレニズム文化活動の最大の中心地であったアレクサンドリアから出発する。しかし4世紀初頭までのアレクサンドリアの美術は,独自の様式(すなわちコプト様式)が十分成熟するにいたらず,むしろローマ末期ないし初期キリスト教時代のコスモポリタン的性格が強い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コプトびじゅつ【コプト美術】

二~七世紀、エジプトに栄えたキリスト教美術。エジプトの伝統とヘレニズムが混合し、またペルシャなど東方の影響を受け、壁画・彫刻・織物にすぐれたものが多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コプト美術
こぷとびじゅつ
Coptic art

コプトとはエジプトにおけるキリスト教徒の意で、彼らの美術の総称。コプト人は2世紀末にエジプトにキリスト教が導入されて以来、ナイル流域の各地に住んだが、7世紀中ごろエジプトがイスラム化されてからは、大都市を離れナイル上流の僻地(へきち)や砂漠のオアシスなどに小さな集団をつくって住み、独特のキリスト教文化を形成した。とくに修道院建築や、木、石、象牙(ぞうげ)の彫刻、および装飾品、染織品などに優れた遺例がある。
 コプト美術には王朝時代以来の古代エジプト美術の伝統とともに、ヘレニズム、ローマ、ビザンティンなどの美術の影響が認められ、しばしばそれらの様式の折衷、混成も指摘される。コプト人は、政治権力の中枢から遠ざかっていたために、その美術は時代の主流となることはなく、つねに地方的な分派として存在したことが一つの大きな特色である。[友部 直]

建築と彫刻

建築は、修道院建築がおもな遺構である。その多くは荒廃が激しいが、エジプトの各地に残存している。初期のものとしては、5世紀初めに東ローマ皇帝アルカディウスが建立したアブ・ミナの聖メナス修道院、カハルガ・オアシスに残るエル・バガワット修道院が代表的で、後者には『旧約聖書』の場面を描いた壁画がある。この時期の建築細部の浮彫りなどには、むしろギリシア・ローマ神話にモチーフをとったものが多く、異教的伝統も強く残存していたことを示し、目がとくに大きく彫られているのも特徴である。
 建築活動は5世紀後半から最盛期に入り、ソハグの白(しろ)修道院および赤(あか)修道院、バウイトの聖アポロ修道院、アスワン近郊の聖シメオン修道院などが建てられた。建築のプランは原則としてビザンティン教会堂とバシリカ式教会堂の混合ないし折衷であり、しばしば壁画で飾られたが、その多くは破損が激しい。壁龕(へきがん)、フリーズ、柱頭などの細部には、ぶどう唐草、アカンサス、組紐(くみひも)、幾何学文様などの浮彫りが施され、現存するコプト美術の主要な一群を形成している。
 イスラム支配が確立されて以後は、大規模な建築活動はほとんどみられず、コプト美術は衰退に向かった。後期の建築の例としては、9世紀のワディ・ナトルンの修道院の諸建築がわずかな例としてあげられよう。[友部 直]

染織

染織品の遺例のほとんどは埋葬された遺骸(いがい)の着衣あるいはそれに付属する装飾布で、麻糸を経糸(たていと)とし羊毛を緯糸(よこいと)とした綴織(つづれおり)である。これらはコプト織と通称され、芸術的にも高く評価されている。文様のモチーフは、ギリシア・ローマ風のものとキリスト教的なものに大別されるが、人物像は建築細部の浮彫りと同様に目が大きく表現され、身体のプロポーションの正確さには配慮がみられない。
 コプト美術のコレクションとしては、カイロ旧市の一角にあるコプト美術館が代表的なもので、建築遺構の一部を含めて、各分野にわたるコプト美術を総括的に収蔵展示している。コプト織は各国のコレクションに散在する。わが国にも主として個人的なコレクションであるが、比較的多数の作品が入っている。[友部 直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコプト美術の言及

【タピスリー】より

…しかし多数の作例が残るのは,エジプトの,いわゆるコプト時代(3~7世紀)に入ってからである。死者を葬る棺衣の一部に織りこまれたパネルや壁掛けなどには,滑らかな曲線を出す〈はつり〉の技法やハッチング(段ぼかし)が用いられており,技術的水準の高かったことがわかる(コプト美術)。 西欧ではゴシック時代以降,急速な発展を遂げるが,その制作は中世のかなり早い時期に始まったものと推定される。…

※「コプト美術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コプト美術の関連キーワードエジプト語デンデラエジプト鼠エジプト文明エジプト綿エジプトはナイルの賜古代エジプト語エルカブオシレイオンデールエルバルシャ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone