コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩猟文 しゅりょうもん

4件 の用語解説(狩猟文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩猟文
しゅりょうもん

文様の一種。弓矢で獣 (主として獅子) を狩る図を文様としたもの。スキタイ,ペルシアササン朝時代に流行し,日本へもこの意匠の影響が伝わる。古くは弥生時代銅鐸の浮彫にみられる。法隆寺蔵の『四騎獅子狩文錦』 (国宝) は,ペルシアの武将が馬上から獅子を射る図を文様としたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

狩猟文【しゅりょうもん】

狩猟の光景を意匠化したもので,騎馬人物が弓矢や槍(やり)で獲物を追う形が多い。狩猟民,遊牧民の文化で発達し,スキタイ文化ササン朝ペルシアの文化に顕著に見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の狩猟文の言及

【文様】より


【モティーフの分類】
 文様はそのモティーフの種類によって大別すると,幾何学文,動物文,植物文,人物文,自然現象に関するもの(天象の日月星辰文,雲文,水波文,火焰文,山岳文など),文字文などがあげられる。さらにこれらのいくつかを組み合わせた狩猟文や風景文などもある。以下ではこの分類にしたがって,それぞれの文様のモティーフや伝播について述べる。…

※「狩猟文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狩猟文の関連情報