コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩猟文 しゅりょうもん

4件 の用語解説(狩猟文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩猟文
しゅりょうもん

文様の一種。弓矢で獣 (主として獅子) を狩る図を文様としたもの。スキタイ,ペルシアササン朝時代に流行し,日本へもこの意匠の影響が伝わる。古くは弥生時代銅鐸の浮彫にみられる。法隆寺蔵の『四騎獅子狩文錦』 (国宝) は,ペルシアの武将が馬上から獅子を射る図を文様としたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅりょう‐もん〔シユレフ‐〕【狩猟文】

狩猟のようすを文様化したもの。正倉院の「狩猟文錦」や法隆寺の「獅子狩文錦」に見られる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

狩猟文【しゅりょうもん】

狩猟の光景を意匠化したもので,騎馬人物が弓矢や槍(やり)で獲物を追う形が多い。狩猟民,遊牧民の文化で発達し,スキタイ文化ササン朝ペルシアの文化に顕著に見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しゅりょうもん【狩猟文】

狩猟の光景を表した文様。古代の工芸品の文様に多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の狩猟文の言及

【文様】より


【モティーフの分類】
 文様はそのモティーフの種類によって大別すると,幾何学文,動物文,植物文,人物文,自然現象に関するもの(天象の日月星辰文,雲文,水波文,火焰文,山岳文など),文字文などがあげられる。さらにこれらのいくつかを組み合わせた狩猟文や風景文などもある。以下ではこの分類にしたがって,それぞれの文様のモティーフや伝播について述べる。…

※「狩猟文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

狩猟文の関連キーワード入組文神楽獅子弓箭獅子身中の虫破魔打ち宝相華絵革獅子の面革獅子の丸風通織

狩猟文の関連情報