コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コペルニシウム コペルニシウム copernicium

4件 の用語解説(コペルニシウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コペルニシウム
コペルニシウム
copernicium

人工元素の一つ。元素記号 Cn。原子番号 112。1996年ドイツダルムシュタットにある重イオン研究所 GSIのジグルト・ホフマンらは,重イオン加速器中で鉛208に亜鉛70を衝突させて質量 277の 112番元素を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コペルニシウム(copernicium)

人工放射性元素の一。1996年、ドイツ、ダルムシュタットの重イオン研究所(GSI)のグループが鉛208に亜鉛70を衝突させて生成した。その後、ロシアドゥブナ研究所、日本の理化学研究所仁科加速器センターでも確認された。名称はポーランド天文学者コペルニクスにちなむ。元素記号Cn 原子番号112。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コペルニシウム

元素記号Cn。原子番号112。人工元素の一つ。周期表第12族に属す。強い放射能をもち,天然には存在しない。主となる酸化状態は(/+)IVおよび(/+)II。1996年ドイツのダルムシュタット重イオン研究所において,ホフマンらは重イオン加速器中で(208/)Pbに(70/)Znを衝突させ,質量数278の112番元素を経て質量数277の110番元素(半減期約1.1ミリ秒でダームスタチウムとなる)が得られることを明らかにし,初めて112番元素の製造に成功。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コペルニシウム
こぺるにしうむ
copernicium

周期表第12族に属する人工元素の一つ。原子番号112、元素記号Cn。きわめて強い放射能をもち、天然には存在しない。主となる酸化状態は+および+。1996年、ドイツのダルムシュタット重イオン研究所において、ホフマンSigurd Hofmann(1942― )らは重イオン加速器中で鉛208(208Pb)に亜鉛70(70Zn)を衝突させ、278112(質量数278の112番元素)を経て277112(半減期約1.1ミリ秒でダームスタチウムとなる)が得られることを明らかにし、初めて112番元素の製造に成功した。その後、多くの同位体がつくられたが、もっとも安定なものはCn285で、半減期は29秒でダームスタチウムとなる。2009年、国際純正および応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)と国際純正および応用物理連合(IUPAP:International Union of Pure and Applied Physics)は正式に新元素と認定し、名称をコペルニシウムとした。これはポーランドの天文学者で地動説を唱えたコペルニクスにちなむ。なお、元素記号は初めCpとしたが、ルテチウム(Lu)がかつてカシオペイウムcassiopeium(Cp)とよばれたことがあり、また、有機金属化合物のシクロペンタジエニルcyclopentadienylの記号もCpであることから、Cnが採用された。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コペルニシウムの関連キーワード人工放射能シーボーギウムハッシウム人工放射性元素放射性元素放射年代人工放射性原子天然放射性元素放射性鉱物自然放射性元素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone