コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コペルニシウム copernicium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コペルニシウム
copernicium

人工元素の一つ。元素記号 Cn。原子番号 112。1996年ドイツのダルムシュタットにある重イオン研究所 GSIのジグルト・ホフマンらは,重イオン加速器中で鉛208に亜鉛70を衝突させて質量 277の 112番元素を得た。これは半減期約 0.24msでダームスタチウムとなる。国際純正・応用化学連合 IUPACおよび国際純粋・応用物理学連合 IUPAP名称をコペルニシウム,元素記号を Cnとした。名称はポーランドの天文学者ニコラウス・コペルニクスにちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コペルニシウム(copernicium)

人工放射性元素の一。1996年、ドイツ、ダルムシュタットの重イオン研究所(GSI)のグループが鉛208に亜鉛70を衝突させて生成した。その後、ロシアのドゥブナ研究所、日本の理化学研究所仁科加速器センターでも確認された。名称はポーランドの天文学者コペルニクスにちなむ。元素記号Cn 原子番号112。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コペルニシウム

元素記号Cn。原子番号112。人工元素の一つ。周期表第12族に属す。強い放射能をもち,天然には存在しない。主となる酸化状態は(/+)IVおよび(/+)II。1996年ドイツのダルムシュタット重イオン研究所において,ホフマンらは重イオン加速器中で(208/)Pbに(70/)Znを衝突させ,質量数278の112番元素を経て質量数277の110番元素(半減期約1.1ミリ秒でダームスタチウムとなる)が得られることを明らかにし,初めて112番元素の製造に成功。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コペルニシウム
こぺるにしうむ
copernicium

周期表第12族に属する人工元素の一つ。原子番号112、元素記号Cn。きわめて強い放射能をもち、天然には存在しない。主となる酸化状態は+および+。1996年、ドイツのダルムシュタット重イオン研究所において、ホフマンSigurd Hofmann(1944― )らは重イオン加速器中で鉛208(208Pb)に亜鉛70(70Zn)を衝突させ、278112(質量数278の112番元素)を経て277112(半減期約1.1ミリ秒でダームスタチウムとなる)が得られることを明らかにし、初めて112番元素の製造に成功した。その後、多くの同位体がつくられたが、もっとも安定なものはCn285で、半減期は29秒でダームスタチウムとなる。2009年、国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)と国際純粋・応用物理連合(IUPAP:International Union of Pure and Applied Physics)の共同作業部会(JWP:Joint Working Party)は正式に新元素と認定し、名称をコペルニシウムとした。これはポーランドの天文学者で地動説を唱えたコペルニクスにちなむ。なお、元素記号は初めCpとしたが、ルテチウム(Lu)がかつてカシオペイウムcassiopeium(Cp)とよばれたことがあり、また、有機金属化合物のシクロペンタジエニルcyclopentadienylの記号もCpであることから、Cnが採用された。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コペルニシウムの関連キーワード原子量一覧/元素名順人工放射性元素フレロビウムリバモリウム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android