コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマイ

3件 の用語解説(コマイの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

コマイ

 [Eleginus gracilis].タラ科の海産魚.25cm以上になる.食用魚.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コマイ

タラ科の魚。マダラに似るが小さく,全長30cm程度。背面は褐灰色で不規則な斑紋がある。日本海と北太平洋に分布。根室・厚岸地方では冬季,氷を割って,その穴から釣る。
→関連項目タラ(鱈)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コマイ
こまい / 粉馬以・氷魚・氷下魚
saffron codPacific saffron codWachna codFar eastern navaga
[学]Eleginus gracilis

硬骨魚綱タラ目タラ科に属する海水魚。カンカイ、オオマイ(体長25センチメートル以上)ともよばれる。コマイはカンカイとともにアイヌ語に由来するといわれているが、その意味は不明である。北太平洋沿岸域に広く分布する。日本では北海道周辺海域、太平洋側では茨城県まで、日本海側では山口県までの沿岸。そのほかに、アジア側では朝鮮半島東岸以北の日本海、オホーツク海ベーリング海に、アメリカ側ではワシントン州ピュージェット湾沖以北、ベーリング海峡を越えてチュクチ湾、シベリア海などに至る。近縁のマダラやスケトウダラと同じく背びれ3基、臀(しり)びれ2基であるが、小形でやせ形であること、下顎(かがく)のひげが短く瞳孔(どうこう)径程度であること、ひげの根元は黒くないこと、体の側面の斑紋(はんもん)がはっきりとしないことなどで区別できる。沿岸域の底層に生息し、水深5メートルぐらい(冬期)から、150メートルぐらい(夏期)までの間を季節的に移動する。周年汽水湖にすむものもいるが、多くは秋に湖内に入り、春に湖外へ出る。1~3月(多くは1月中~下旬)に岸近くの氷の下の0℃近くの水温の中で弱粘着性の沈性卵を産む。孵化仔魚(ふかしぎょ)の体長は約5ミリメートル。1年で20センチメートル、2年で25~30センチメートルになって成熟する。最大で全長55センチメートルぐらいになる。おもにオキアミ類、エビ類などの小形甲殻類、ゴカイ類、魚類などを食べる。漁期は初秋と冬季の2回で、機船底引網でかなり多量に漁獲される。とくに結氷期のコマイ漁は有名で、氷に穴をあけ、氷下に寄せてくる産卵群を小型定置網、氷下待ち網、手釣りでとることから氷魚あるいは氷下魚と書く。肉は白身で淡泊で、鍋物に用いられるが、鮮魚を凍らせたまま刺身にしたルイベ、腹わたをとって丸干しにした塩乾加工品が好評である。[岡村 收・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コマイの関連キーワードギンダラスケトウダラタラマダラ底鱈真鱈介党鱈ミナミダラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コマイの関連情報