コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマイ

栄養・生化学辞典の解説

コマイ

 [Eleginus gracilis].タラ科の海産魚.25cm以上になる.食用魚.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コマイ

タラ科の魚。マダラに似るが小さく,全長30cm程度。背面は褐灰色で不規則な斑紋がある。日本海と北太平洋に分布。根室・厚岸地方では冬季,氷を割って,その穴から釣る。
→関連項目タラ(鱈)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コマイ
こまい / 粉馬以・氷魚・氷下魚
saffron codPacific saffron codWachna codFar eastern navaga
[学]Eleginus gracilis

硬骨魚綱タラ目タラ科に属する海水魚。カンカイ、オオマイ(体長25センチメートル以上)ともよばれる。コマイはカンカイとともにアイヌ語に由来するといわれているが、その意味は不明である。北太平洋沿岸域に広く分布する。日本では北海道周辺海域、太平洋側では茨城県まで、日本海側では山口県までの沿岸。そのほかに、アジア側では朝鮮半島東岸以北の日本海、オホーツク海、ベーリング海に、アメリカ側ではワシントン州のピュージェット湾沖以北、ベーリング海峡を越えてチュクチ湾、シベリア海などに至る。近縁のマダラやスケトウダラと同じく背びれ3基、臀(しり)びれ2基であるが、小形でやせ形であること、下顎(かがく)のひげが短く瞳孔(どうこう)径程度であること、ひげの根元は黒くないこと、体の側面の斑紋(はんもん)がはっきりとしないことなどで区別できる。沿岸域の底層に生息し、水深5メートルぐらい(冬期)から、150メートルぐらい(夏期)までの間を季節的に移動する。周年汽水湖にすむものもいるが、多くは秋に湖内に入り、春に湖外へ出る。1~3月(多くは1月中~下旬)に岸近くの氷の下の0℃近くの水温の中で弱粘着性の沈性卵を産む。孵化仔魚(ふかしぎょ)の体長は約5ミリメートル。1年で20センチメートル、2年で25~30センチメートルになって成熟する。最大で全長55センチメートルぐらいになる。おもにオキアミ類、エビ類などの小形甲殻類、ゴカイ類、魚類などを食べる。漁期は初秋と冬季の2回で、機船底引網でかなり多量に漁獲される。とくに結氷期のコマイ漁は有名で、氷に穴をあけ、氷下に寄せてくる産卵群を小型定置網、氷下待ち網、手釣りでとることから氷魚あるいは氷下魚と書く。肉は白身で淡泊で、鍋物に用いられるが、鮮魚を凍らせたまま刺身にしたルイベ、腹わたをとって丸干しにした塩乾加工品が好評である。[岡村 收・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コマイの関連キーワードバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)バンコマイシン耐性黄色葡萄球菌マイアミ浜オートキャンプ場メチシリン耐性黄色葡萄球菌オサムシタケ(歩行虫茸)バンコマイシン耐性腸球菌マクロライド系抗生物質ポリペプチド系抗生物質MRSA感染症マイマイカブリVRE院内感染スーパー耐性菌キタサマイシンバンコマイシングラム陽性菌リンコシン鱈・大口魚細谷 省吾タラ(鱈)細谷省吾

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コマイの関連情報