コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚岸湾 あっけしわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厚岸湾
あっけしわん

北海道東部の太平洋にのぞむ湾。尻羽岬大黒島厚岸町末広 (まびろ) を結ぶ線以北の湾入湾内の水深は 20~30m,南に向って深くなり,湾口は多くの暗礁によってふさがれている。 1970年頃までは,ニシンの好漁場であった。湾奥東部は幅約 600mの水路によって厚岸湖に通じている。湾岸は厚岸道立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あっけし‐わん【厚岸湾】

北海道南東部にある湾。砂嘴(さし)の発達によって厚岸湖をつくる。湾入り口の大黒島は海鳥の繁殖地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あっけしわん【厚岸湾】

北海道南東部にある湾。釧路港の東方およそ35kmの位置にある。湾口は南を向き,幅約10km,湾奥までの奥行も10km程度の深い湾入をもち,湾奥の砂嘴(さし)によって厚岸湖と区分されている。湾奥の厚岸町中心部は漁港で沿岸漁業・沖合漁業の基地となり,湾内はニシンの好漁場になっている。厚岸湖は面積約32km2の塩湖で,カキの養殖などが行われている。湖の西部に連なる牡蠣(かき)島は,天然のカキ殻などが堆積したもので,アッケシソウ,ウミミドリなどの塩性植物群落として天然記念物に指定されているが,地盤沈降や水質汚濁などのため湖岸部を除けば,ほとんど見られなくなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厚岸湾
あっけしわん

北海道東部、北太平洋に臨む湾入。釧路(くしろ)総合振興局管内の厚岸町末広(まびろ)地区、小島、大黒(だいこく)島、釧路町尻羽(しりは)岬を結ぶ線以北にあり、水深30メートル以内。湾奥には厚岸港がある。1965年(昭和40)ごろまでニシン漁場として知られ、尻羽岬と小島周辺の暗礁地帯はいまも天然コンブの好漁場。大黒島はコシジロウミツバメ、エトピリカなどの海鳥繁殖地で国の天然記念物に指定されている。尻羽岬、アイカップ崎は海食崖(がい)が発達し厚岸道立自然公園の景勝地。湾奥の厚岸湖へ通じる水路を挟んで厚岸市街が発達し、水路に厚岸大橋が架かっている。[古川史郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

厚岸湾の関連キーワードコマイ(氷魚∥氷下魚)北海道厚岸郡厚岸町厚岸の牡蠣厚岸(町)厚岸[町]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厚岸湾の関連情報