コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマーシャル・デザイン コマーシャルデザイン

2件 の用語解説(コマーシャル・デザインの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コマーシャル・デザイン

商品およびサービスの販売に関与するデザインの総称。グラフィック・デザインや,ショーウィンドー,ネオンサイン,看板,店舗などのディスプレー,それにテレビコマーシャルなど各分野が含まれるが,通常商品そのもののデザインは含めない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コマーシャル・デザイン
こまーしゃるでざいん
commercial design

商業にかかわるデザインのこと。主として視覚という観点から、販売促進、利益増大を目ざして行う表現計画活動といえる。限定された意味においては、広告に関するデザイン(アドバタイジング・デザイン)と同義とされることもあるが、多くの場合、包装に関するパッケージ・デザインや、展示に関するディスプレー・デザインをも含めて、コマーシャル・デザインと称する。
 企業の存亡をかけた活動であるので、その表現は斬新(ざんしん)かつ強力なものが多く、美的なものが少なくない。ことにそのイラストレーションは、現代の大衆文化の可視的指標ともいうべき様相を呈している。[武井邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone