コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマーシャル・ペーパー commercial paper; CP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマーシャル・ペーパー
commercial paper; CP

割引方式で発行される自由金利の無担保約束手形。企業や金融機関の短期資金調達手段の一つ。コマーシャル・ペーパー市場は日本銀行による市場操作手段の一つにもなっている。発行できるのは一定の信用力を有する企業であり,額面は 1億円以上,発行期間は 1年未満。日本では 1987年に発行が解禁され,1992年の証券取引法改正(→金融商品取引法)に伴う省令によって,新たに証券取引法上の有価証券に加えられた。販売相手は機関投資家にかぎられている。解禁以降,発行に際しては,銀行と証券会社を販売人(ディーラー)とする形態がとられていたが,1998年にディーラーを通さず,発行企業が機関投資家に直接発行するダイレクト発行も認められた。2002年に施行された,短期社債等の振替に関する法律により,コマーシャル・ペーパーのペーパーレス化が導入されて以降,急速に発展した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

コマーシャル・ペーパー

企業が短期資金を調達するために発行する、無担保証券。米国で誕生。市場形成されたのは1920年代で、80年代にはユーロ市場等でも発達。日本では87年に約束手形として第1号が発行され、93年に証券取引法上の有価証券に加えられた。当初、償還期限、最低額面金額、発行適格企業、発行形態等、多くの規制があったが、CP市場の定着、自由な証券市場への要請から次第に規制緩和が進んだ。例えば、98年6月には銀行等にもCP発行が解禁された。しかし海外に比べ、企業の日常的な短期資金調達手段として十分に定着していないといわれていた。その一因として、CPの券面作成コストや受け渡しリスク等が指摘され、2002年4月、CPのペーパーレス化・電子化を実現する法律が施行され、従来の約束手形方式と合わせ、両方式によるCPの発行が可能となった。05年の税制改正で、約束手形方式で発行されるCPに対する印紙税の軽減措置が廃止されたこともあり、電子CPが主流となっている。なお、企業の保有資産を担保として発行される資産担保CPもある。

(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

コマーシャル・ペーパー

事業会社や金融会社が,市場から短期資金を調達するために振り出す単名の無担保約束手形のこと。略称CP。1993年の証券取引法改正で有価証券に指定された。期間は2週間以上9ヵ月以内。
→関連項目MMF公社債投資信託短期金融市場

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ワイジェイFX用語集の解説

コマーシャル・ペーパー

優良企業が短期資金調達を目的で発行する無担保の約束手形の事です。販売先は機関投資家に限られます。

出典 ワイジェイFX株式会社ワイジェイFX用語集について 情報

コマーシャル・ペーパーの関連キーワードMMF(Money Management Fund)CP(Commercial paper)資産担保コマーシャルペーパーキャッシュ・フロー計算書投資事業有限責任組合法譲渡可能定期預金証書ペン・セントラル鉄道短期金融資産投資信託インフレ・ターゲットオーバーボローイングバックアップラインオープンマーケット貸出資金吸収動向等プライム・レートマネーストック外貨建てMMF資産担保証券大口融資規制オープン市場公開市場操作

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android