コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマ収差(光学) コマしゅうさ

1件 の用語解説(コマ収差(光学)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コマ収差(光学)【コマしゅうさ】

レンズの収差の一つ。レンズの軸から離れた一点の像を,軸に直角な平面に受けると60°の角度をもったすい星のような形(コマcomaとはすい星の髪の部分をいう)の像ができる現象。
→関連項目シュミット望遠鏡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

コマ収差(光学)の関連キーワードコンバージョンレンズコマ非点収差視野レンズ対眼レンズ対称型レンズ倍率色収差ミラーレンズ横収差レフレックスレンズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone