コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コムシ

百科事典マイペディアの解説

コムシ

昆虫綱の中の1目の総称。双尾目または倍尾目ともいう。3〜30mmの土壌動物。日本に約15種,世界からは約800種が知られるが,かなりの未知種がいるものと予想される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コムシ

コムシ目Dipluraに属する昆虫の総称。倒木や石の下,落葉層,土の中などで暮らす白色ないし乳白色の細長い虫で,体長は通常3~15mm。翅は終生現れず,眼もない。触角は数珠状で長く,一般の昆虫とは違って多足類の触角と同じく,各節ごとに筋肉を備えた節触角である。また口の構造もカマアシムシ類と同様,大あごや小あごが平素は頭蓋の中に引き込まれており,外からはそれらの先端だけしか見えない。3対の肢はほぼ同大,かなり速く走ることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コムシの関連情報