コリント(都市国家)(読み)こりんと(英語表記)Kórinthos

  • 都市国家

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古代ギリシア、ペロポネソス半島北東端にあったドーリス人のポリス(都市国家)。わが国ではコリントと呼び習わされるが、正しくはコリントスという。英語名はコリンスCorinth。ミケーネ時代にはイオニア人が居住したが、紀元前11世紀に、おそらくアルゴスから遠征したドーリス人の支配に移ったと考えられる。前8世紀にポリスを形成し、コリント地峡を抑える海陸交通の要地を占め、サロニコス湾にケンクレアイ、コリント湾にレカイオンの港を擁し、商工業ポリスとして発展した。

 前8世紀後半からバッキス氏族が政権を独占して寡頭政を敷き、そのもとで前733年にシラクーザとケルキラに植民市が建設されたが、前657年ごろキプセロスがバッキス氏族を倒して僭主(せんしゅ)となった。キプセロス家3代の支配下で、陶器の生産や植民市の建設を中心に繁栄の頂点に達したが、前580年ごろ僭主政は崩壊して穏和寡頭政になった。前6世紀後半にペロポネソス同盟に加盟したが、アテネとも友好を維持し、前480~前479年のペルシア戦争ではペルシア軍と戦った。ペルシア戦争後アテネとの関係が悪化し、それが前431年のペロポネソス戦争勃発(ぼっぱつ)の大きな伏線になったが、前4世紀初めのコリント戦争では、逆にアテネと組んでスパルタと戦った。前337年にコリントにおいて結成されたヘラス連盟に加盟し、前243年にアカイア同盟に加わり、前196年にふたたびこれに参加して、その中心となったが、前146年にローマの将軍ムンミウスの手で徹底的に破壊された。前44年カエサルによりローマの植民市として再建され、急速に繁栄を回復し、前27年ローマの属州アカイアの首府となり、後1世紀にはキリスト教の使徒パウロやローマ皇帝ネロが訪れた。

 今日のコリント市は、古代のコリントの地に存続した町が地震で大損害を受けた1858年に、その北東約5.6キロメートルのコリント湾岸に新しく建設された。人口3万2800(2001推計)の地方都市で、コリンティア県の県庁所在地である。

[清永昭次]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android