コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリントゲーム Corinth game

デジタル大辞泉の解説

コリント‐ゲーム(Corinth game)

少し傾斜させた逆U字形の盤に多数のを打ち、所々に点数のついたをあけておき、を小棒で突いて盤上に転がし、穴に入れて得点を競うゲーム。商標名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コリントゲーム

室内遊戯具。わずかに手前に傾斜した逆U字形の盤に,10個の穴をあけ,穴の周囲などに釘(くぎ)を打っておく。盤の右下隅から小さな棒で球を盤上に打ち出し,球が穴に入った結果で得点を競う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コリントゲーム

球転(たまころ)がし遊びの盤製玩具。上部が楕円形の木目式製盤に多くの釘を植え,盤の各所にある穴にそれぞれ点数が記してある。鉄製の小球10個を下部の突出し口から小棒で1個ずつ突いて盤上に転がし,穴に入った点数を合計して得点を争う。アメリカのデトロイトのカイルCaille兄弟商会が1910年に登録した遊戯台で,一般にはピンボール・ゲーム機pinball game machineと呼ばれた。日本では発売元小林脳行が,自社名〈小林〉を音読みしたコリンをもじったコリントゲームの名で売り出し,昭和初年流行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コリントゲーム【Corinth game】

数個の穴をあけ、たくさんの釘を植えて傾斜させた盤上を、一〇個の球を順々に走らせ、球の入った穴の得点の合計を競うゲーム。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

コリントゲームの関連キーワード数個

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android