コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルチカム コルチカム colchicum

翻訳|colchicum

4件 の用語解説(コルチカムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コルチカム(colchicum)

イヌサフランの別名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コルチカム【colchicum】

ユリ科の多年草イヌサフランの別名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルチカム
コルチカム

イヌサフラン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルチカム
こるちかむ
[学]Colchicum

ユリ科コルチカム属の総称。ヨーロッパ西アジアに約60種分布する。交雑によって多くの園芸品種がつくりだされている。よく知られているのはイヌサフランC. autumnale L.で、ヨーロッパおよび北アメリカ原産の球根草。薬用または観賞用に栽培される。球根は卵形、径3~5センチメートルで、褐色の外皮に覆われる。9~10月、葉が出る前に高さ約15センチメートルの花茎を伸ばし、淡紫紅色の6弁花で、サフランに似た花を開く。葉は翌春に出て、夏に枯れる。球根は花期後翌年の秋までと出葉期を除き休眠する。繁殖は分球により、9月上・中旬が植え付け適期である。きわめてじょうぶで、球根を室内に放置しておくだけでも、開花期になると花を開く。球根にはアルカロイドの一種コルヒチンが含まれ、元来は有毒であるが、少量を用いて痛風の薬とされてきた。コルヒチンはまた植物の染色体を倍加させる作用があり、種なしスイカなど園芸植物の育種上で重要な物質となっている。[平城好明]

文化史

属名のコルキクム(コルチカム)は、「コルキスの」という意味のギリシア語kolchikonに由来し、黒海東部にあった古代のコルキス地方にみられたことから名づけられた。ギリシアのディオスコリデスは、コルチカムを毒キノコと同じく有毒植物に扱ったが、17世紀からは球根が、さらに19世紀以降には種子が薬用にされた。1937年にアメリカの植物学者A・F・ブレークスリーが発表したコルヒチンによる倍数体の作出は、植物育種の新たな道を開いた。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルチカムの関連キーワードユリ科姥百合笹百合高砂百合稚児百合姫早百合佐久百合ゆりもコオニユリカンゾウ(ユリ科)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルチカムの関連情報