コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレッティス コレッティス Kolettis, Ioannis

2件 の用語解説(コレッティスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレッティス
コレッティス
Kolettis, Ioannis

[生]1774. シラコス
[没]1847
ギリシアの政治家。イタリアで医学を学び,アリー・パシャの息子の主治医となる。1819年にフィリキ・エテリアに入会。1822年の初の国民会議で全権委員を務め,独立戦争時には政治,軍事面で指導的役割を果たす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コレッティス【Ioánnis Koléttis】

1774‐1847
ギリシアの軍人,政治家。イタリアのピサで医学を修め,はじめイオアニナアリー・パシャ宮廷で侍医を務めた。ギリシア独立革命勃発(1821)とともにエピロス地方の代表としてエピダウロスの国民会議に参加,1822年,臨時政府内務大臣に任命される。24年,ルメリ(ルーメリア)に割拠する義勇軍の首領を統率して同政府の軍事力を確立。ギリシア王国成立(1830)後は海軍・陸軍大臣,パリ大使を歴任。1844年憲法が制定されると帰国して親仏派の党主となり,初代首相(1844‐47)となって,大ギリシア主義を標榜した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コレッティスの関連キーワードザレウコスピサ大聖堂ギリシャ独立戦争イタリアンカスタリアの泉イタリアのハロルドドデカネス[諸島]ハジダキスピアノ室トルコ・ギリシア戦争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone