コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンセント コンセント

8件 の用語解説(コンセントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンセント
コンセント

電流を取出すための受け口。英語で plug socket,米語で receptacleといい,英語の concentには,日本語でのような意味はない。語源はよくわからない。屋内配線に使う接続器具で,壁などに固定できる構造のものをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コンセント(concent)

配線から電気を取るための、プラグの差し込み口。また、その器具。俗に、プラグと混同して「コンセントを抜く」ということもある。
[補説]日本語での用法。英語では「調和・一致」の意で、日本語のコンセントに相当する語は、米国では outlet、英国では socket を使う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コンセント

屋内配線用差込式接続器具の一種。ふつう壁に設けられ,プラグを差し込むようになっているものをいい,1〜3口の接続口がある。家庭で一般に使用されているものは125ボルト,15アンペア定格のものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リフォーム用語集の解説

コンセント

電源などを供給するために、家電製品などの電気器具のプラグを接続する差し込み口のうち、造営材、機器などに固定できるものの事。一般には壁面や床面などに設置される。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コンセント

アウトレットoutlet,プラグレセプタクルplug receptacle,またはプラグソケットplug socketの日本における俗称。明治のころ入ってきた英語で,concentric plugと呼ばれていたものを略称してコンセントと呼ぶようになったという。電気器具のコードの先につけたプラグをさす電気の接続口のうち,壁などに固定できるもの。発熱の少ない確実な接続,感電を防ぐ構造,十分な絶縁抵抗およびじょうぶさが求められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コンセント

concentric+plug〕
電気器具のコードを配線に接続するため、壁などに設けるプラグの差し込み口。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

コンセント

屋内配線と電気器具のコードの接続のため、壁などに設けるプラグの差し込み口。感電防止用のアース付きや防水型、テレビ・電話・パソコンLANケーブルなどの接続口も一つにまとめたマルチメディアコンセントなどもある。◇「コンセントリックプラグ(concentric plug)」から。英語では「socket」「outlet」というのが一般的。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンセント
こんせんと

低圧屋内配線と電気器具コードの接続部分に使用される差込み接続器の受け口の通称。正しくはプラグソケットplug socketという。造営材内にコンセント本体を埋め込む埋込み型と、表面に取り付ける露出型とがある。極数は2極、3極、4極のものがあり、構造としては、一般屋内用のほかに引掛け型(ツイストロック型)、防水型、防爆型および接地極付きなどがある。容量は15アンペア、20アンペア、30アンペア、50アンペアの4種類を標準とし、使用電圧は100ボルトと200ボルトの区別がある。コンセントとプラグをあわせた製品と性能に関しては電気用品安全法JIS(ジス)(日本工業規格)に、施工に関しては電気設備技術基準および内線規程(「電気設備の技術基準の解釈」に記載された内容を具体的に定めた民間規程)に定められている。同一の使用場所では、電気方式および回路区分の混同を避けるため、それぞれの電気方式ごとに構造の異なるコンセントが使用される。なお、1個のコンセントには1台の機器が原則で、コードを引き回して多数の負荷に使用することは避けなければならない。[越野一二・市川紀充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンセントの関連キーワードレセプターアウトレットストアアウトレット店エアアウトレットアウトレットモール・リズムあみプレミアム・アウトレット酒々井プレミアム・アウトレット鳥栖プレミアム・アウトレット嗅覚レセプターレセプター石灰岩

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンセントの関連情報