差(し)込み/指(し)込み(読み)サシコミ

デジタル大辞泉の解説

さし‐こみ【差(し)込み/指(し)込み】

差し込むこと。また、そのもの。
差し込みプラグ」の略。また、コンセントをいうこともある。
胸や腹などの突然の激しい痛み。主に、胃痙攣(いけいれん)。癪(しゃく)。
花模様などの飾り物を差し込んで取り付けるようにしたかんざし。
(指し込み)将棋で、同じ相手と指し続けて一方が通常4番負け越したときに手直りをすること。指し込み手合い。
入れ知恵。差し金。
「皆おかさまの―と思ふも」〈浄・重井筒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android