コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンピュータリゼーション コンピュータリゼーションcomputerization

翻訳|computerization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンピュータリゼーション
computerization

個人の生活,あるいは社会のさまざまな場面でコンピュータ情報処理の道具として使われ,社会活動や生活に必須になっていく状態。もともと高速計算をするための機械として誕生したコンピュータは,その性能が向上するにつれ,文字や画像など一般的なデータ処理装置として使われるようになり,さらに,ネットワーク化されて電子メールワールド・ワイド・ウェブ WWWなどの重要なコミュニケーションツールともなった。たとえば,銀行の現金自動預入支払機 ATMなどの事務作業,工場での生産管理などの産業応用から始まったコンピュータ使用は,コンピュータの小型化・廉価化を経て,個人や組織レベルのコミュニケーションから思考支援まで幅広く使われるようになった。さらに,行政システムのコンピュータ化,ネットワーク化も進み,住民登録や税の申告など市民生活にも必須となった。このようなコンピュータの普及は個人や社会に利便性を与えるとともに,コンピュータを使える人と使えない人の差が実生活で無視できなくなるデジタル・デバイドなどの問題を生んでいる。コンピュータが扱う「情報」に視点をおいた情報社会についての議論も多くなされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コンピュータリゼーション(computerization)

《「コンピュータライゼーション」とも》コンピューターが社会や家庭生活に不可欠のものとなること。コンピューター化。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

コンピュータリゼーション【computerization】

コンピューターが生活の中に広く普及する現象。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

コンピュータリゼーションの関連キーワード東京瓦斯(株)女性問題デザイン工作機械社会工学現象

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android