コンプリヘンシブ・スクール(英語表記)comprehensive school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンプリヘンシブ・スクール
comprehensive school

同一地域内のすべての児童,生徒が就学する単一体系の学校。形式的機会均等だけでなく,教育目的や能力格差による学校の種別化,分類をしないのが重要な特色教育課程は基本的に共通課程で,生徒の個別的必要を満たすため中等学校では多くの選択科目を用意し個別指導を強化するなどの工夫をする。課程間の移行可能な2課程制,多課程制学校も広義にはこれに含まれる。特にイギリス北ヨーロッパの中等学校改革の新動向として注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コンプリヘンシブ・スクール

一般に総合制学校普通教育から職業教育まで多様な教育課程を備えた学校。元来,イギリスでは社会階層に応じた3種類の中等学校が存在したため,20世紀になってそれらの中等学校を統合する統一学校運動によって設置された中等学校をコンプリヘンシブ・スクールと呼び,この学校が各国に影響を与えて総合制学校が設置されるようになった。
→関連項目観察課程

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android