コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンベヤ コンベヤconveyor

翻訳|conveyor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンベヤ
conveyor

通常は電動機などで駆動されるプーリーまたは歯車に,ベルト,チェーンなどの無限循環帯をかけた運搬装置をいうが,他の機構もある。最も多いのはベルトコンベヤで,ゴム布・綿布・薄鋼板などのベルトを用いる。その他鎖を使うチェーンコンベヤダブルチェーンコンベヤ,それに掻 (か) き板をつけたスクレーパコンベヤ,同じくバケットをつけたバケットコンベヤ,連動板子を用いるスラットコンベヤ,天井に吊ったI形鋼の無限レールを動く吊り滑車に引き鎖と吊り金具をつけたトロリコンベヤなどがある。ほかに循環帯を用いず鉄製樋の前進後退のゆすり運動で荷を送るシェーキングコンベヤ,自由回転するローラを並べたローラコンベヤ,スクリューを取付けた軸を回転するスクリューコンベヤ,風圧または真空吸引で荷を送る空気コンベヤなどもあり,種類形式は非常に多様で,用途により使い分けられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コンベヤ

種々の原材料や荷物を一定の路線によって連続的に運搬する荷役機械。無端環状のベルトやチェーン,あるいは樋(とい)などで運搬路をつくり,石炭・鉱石などのばら物,箱詰その他のかさ物,組立部品など,運搬対象に応じた支持物を備える。
→関連項目クレーン荷役機械

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンベヤ【conveyor】

原材料や機械部品や包装された荷物などを連続的に運搬する機械。似通った形態の荷の特定区間の運搬では,その連続性のゆえ,他の運搬手段に比べて著しく大きな能力を発揮する。コンベヤは生産や物流の各分野で広く用いられるが,その発達を促した要因の第1は,産業の大規模化に伴って原材料などの取扱量が増大し,とくに船による長距離輸送の前後につながる積出し・受入れ港湾や,工場の構内における大量運搬の手段が必要となったことであり,第2は,自動車産業に代表される多量生産型工業における流れ作業(コンベヤシステム)に適した機能的な搬送手段が求められたことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンベヤの関連キーワードカントリーエレベーターディストリビューターウンリュル(殷栗)ローラーコンベヤバケット式積込機ディスクコンベヤベルトコンベヤーシャットルカータクトシステムオークラ輸送機スノーローダーエアシューター椿本チエインカッタローダ日本コンベヤ粉塵発生施設エスカレータリクレーマーパンコンベヤトレンチャー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンベヤの関連情報