コンラート・フォン・ウュルツブルク(英語表記)Konrad von Würzburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンラート・フォン・ウュルツブルク
Konrad von Würzburg

[生]1225頃.ウュルツブルク
[]1287.8.31. バーゼル
ドイツ中世の詩人。市民階級の出身で,中世騎士文学の最後のにない手。『トロイ戦争』 Der Trojanerkriegのような叙事詩とともに,『アレクシウス』 Alexiusなどの聖者伝や『髭を生やしたオッテ』 Otte mit dem Barteなどの世俗的ロマンスを残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンラート・フォン・ウュルツブルク
こんらーとふぉんうゅるつぶるく
Konrad von Würzburg
(1220ころ―1287)

ドイツ中世の詩人。市民出身で、都市貴族や高位聖職者をパトロンに創作活動に従事。文学史上は亜流と評価されるが、作品の数と素材の多様性は同時代の詩人たちを凌駕(りょうが)する。本領は『心臓の話』『この世の報い』『白鳥の騎士』などの短編にある。ほかに叙情詩、聖人伝、長編叙事詩『トロヤ戦争』などがある。

[藤代幸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android