コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コード・ネーム chord name

世界大百科事典 第2版の解説

コード・ネーム【chord name】

和音の略記法でジャズ音楽に発したが,今日ではジャズに限らず歌謡曲の楽譜の多くに用いられている。和音の根音を英語の音名で記し,長・短,7の和音などの種類をそれに付したもの。記法は根音(半音上がれば♯,下がれば♭を付す),長・短の種類(通常長3和音はそのままで短3和音にm,減3和音にdimを付す),第7音(短7度はそのままで長7度はM7)の順で記すのが普通である(図)。【佐野 光司】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコード・ネームの言及

【和声】より

… 今日では,童謡や校歌など単純な音楽をはじめポピュラー・ソング,歌謡曲,フォーク・ソングなどが機能和声法に従って書かれている。ただしこれらの曲は,コード・ネームで和声が指定されていることが多い。たとえば,コード・ネームで,C→Am→Dm→G7→Cとあれば,ハ長調のI→VI→II→V7→Iの意味である。…

※「コード・ネーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コード・ネームの関連キーワードパット メセニーパワーコード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android