コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴホウラ ゴホウラ Strombus latissimus; laciniated conch

2件 の用語解説(ゴホウラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴホウラ
ゴホウラ
Strombus latissimus; laciniated conch

軟体動物門腹足綱ソデボラ科の巻貝。殻高 18cm,殻径 12cmに達する大型種。殻は卵形,重厚堅固で,体層の肩に結節が生じることもある。殻表は平滑で,褐色と黄白色の細い縦縞がある。殻口は外側へ広がり,外唇は厚く,殻頂をおおって丸く広がる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴホウラ
ごほうら / 護宝螺
heavy frog conch
[学]Tricornis latissimus

軟体動物門腹足綱スイショウガイ科の巻き貝。殻高15センチメートル、殻径12センチメートル、殻は重厚である。螺塔(らとう)は円錐(えんすい)形で高く、肩は角(かど)が張っている。成貝では、殻口外唇は長方形で著しく広く拡張し、縁は幅広く肥厚して、前方(下方)に深い湾入があり、水管溝も明らかである。後方(上方)は殻頂を越えて拡張し、半円形の縁をもつ。殻表には褐色の不規則な模様があり、殻口内は平滑で淡紅色をしている。奄美(あまみ)大島以南の熱帯西太平洋からインド洋にかけてのサンゴ礁で、貝殻や小石の底にすむ。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴホウラの関連キーワード軟体動物有肺類後鰓類前鰓類象水母蛞蝓磯粟餅糸巻法螺千歳法螺軟体類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴホウラの関連情報