コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴホウラ ゴホウラStrombus latissimus; laciniated conch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴホウラ
Strombus latissimus; laciniated conch

軟体動物門腹足綱ソデボラ科の巻貝高 18cm,殻径 12cmに達する大型種。殻は卵形,重厚堅固で,体層の肩に結節が生じることもある。殻表は平滑で,褐色と黄白色の細い縦縞がある。殻口は外側へ広がり,外唇は厚く,殻頂をおおって丸く広がる。雌は雄よりも大きく,ゼラチン質の紐に入った卵を産む。一回の産卵数は約 10万~50万個。和歌山県以南の西太平洋の浅海岩礫底にすむ。肉は食用,殻は磨いて飾り物にする。殻を縦に切ってつくった貝輪はときどき古墳から出土する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴホウラ
ごほうら / 護宝螺
heavy frog conch
[学]Tricornis latissimus

軟体動物門腹足綱スイショウガイ科の巻き貝。殻高15センチメートル、殻径12センチメートル、殻は重厚である。螺塔(らとう)は円錐(えんすい)形で高く、肩は角(かど)が張っている。成貝では、殻口外唇は長方形で著しく広く拡張し、縁は幅広く肥厚して、前方(下方)に深い湾入があり、水管溝も明らかである。後方(上方)は殻頂を越えて拡張し、半円形の縁をもつ。殻表には褐色の不規則な模様があり、殻口内は平滑で淡紅色をしている。奄美(あまみ)大島以南の熱帯西太平洋からインド洋にかけてのサンゴ礁で、貝殻や小石の底にすむ。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゴホウラの関連キーワード有珠10遺跡高橋貝塚巴形銅器立岩遺跡広田遺跡鍬形石腕輪

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴホウラの関連情報