ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)(読み)ごるふひじじょうわんこつないそくじょうかえん(英語表記)Golf Elbow

  • ゴルフ肘
  • 上腕骨内側上顆炎

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 テニス(「テニス肘(上腕骨外側上顆炎)」)と同じように、手首や腕の使いすぎでおこる病気です。
 ゴルフプレーヤーに多くみられる病気であることから、この名がありますが、正式には、上腕骨内側上顆炎といいます。ゴルフ以外のいろいろな原因でもおこります。
 肩から肘にかけての大きな骨(上腕骨)の内側上顆(ないそくじょうか)という部分(図「右上腕骨」)には、上腕骨外側上顆についている筋肉に対抗して、手首を手のひら側に曲げる筋肉がついています。
 手首や腕の使いすぎで、この付着部が炎症をおこして、この病気がおこります。
[症状]
 テニス肘では、肘の外側を押さえると痛みがあり、手首を手の甲のほうに動かすときに、同じところが痛みますが、ゴルフ肘では、肘の内側を押さえると痛み、手首を手のひら側へ動かしたときに痛みがおこります。
[治療]
 テニス肘の治療と同様、安静にすることが第一です。この場合、肘が痛いからといって、肘関節を固定しても意味がありません。手関節(しゅかんせつ)(手首)を固定することが重要となります。
 肘にかかる牽引力(けんいんりょく)を弱めるために、テニスエルボーバンドを使用することも有効なことがあります。
 炎症を抑える目的で、ステロイド薬(副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬)や麻酔薬を局所に注射することもよく行なわれます。
 こうした方法でも効果がないときは、手術を行なうことになります。しかし実際には、この病気で手術が行なわれることはまれで、多くの場合、安静や投薬といった保存的治療で治ります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android