コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴレ島 ゴレトウ

2件 の用語解説(ゴレ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゴレ‐とう〔‐タウ〕【ゴレ島】

Goréeセネガルの首都ダカールの沖合約3キロメートルに浮かぶ大西洋上の小島。1815年、統治国であったフランスが奴隷売買を禁止するまで、奴隷貿易の拠点として栄えた。セネガル最古のイスラム教モスクカトリックの聖堂などが残る。1978年、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

ゴレとう【ゴレ島】

1978年に登録されたセネガルの世界遺産(文化遺産)。首都ダカールの沖合3kmに浮かぶ、東西300m、南北900mの孤島である。1444年にポルトガル人がこの島に上陸して以来、オランダイギリス、フランスが、次々とこの島を支配してきた。ポルトガル人は蜜蠟などを母国へ運ぶ際の集荷地としてこの島を利用したが、その後アフリカ内陸部の奴隷、アラビアゴム、黄金、蜜蠟などの交易拠点としての重要性が増してきたことにより、イギリス、フランス、オランダ、ポルトガルの商業権争いの舞台となり、最終的にセネガル本土とともに、フランスがこの島を勢力下に収めた。こうしたことから、この島は1814年に、当時の統治国だったフランスが奴隷貿易を廃止するまで、奴隷貿易の拠点として栄えた。1776年に建設され奴隷の収容施設として使われた「奴隷の家」が博物館として公開されている。また、この島にはセネガル最古の石造のモスクや、18世紀の古典主義様式のカトリックの聖堂も残っている。◇英名はIsland of Gorée

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴレ島の関連キーワードスルツエイセネガンビアヘンダーソン島ニオコロコバ国立公園ツォディロルスト世界遺産暫定リスト世界遺産登録ジェームズ島と関連遺跡群セネガンビアのストーン-サークル群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴレ島の関連情報