コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンズイ Plotosus lineatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴンズイ
Plotosus lineatus

ナマズ目ゴンズイ科の海水魚。全長約 30cm。口部に 8本のひげをもつ。体の前部は縦扁して太いが,後部は側扁して細い。背鰭,尻鰭はそれぞれ尾鰭に連続している。体の上面褐色下面は淡白色で,体側に縦に 2本の黄線をもつ。第1背鰭および胸鰭に有毒棘(→毒腺)をもち,されると非常に痛い。海岸の岩礁地域に群棲する。本州中部以南,紅海から西部太平洋に分布する。

ゴンズイ
Euscaphis japonica

ミツバウツギ科の落葉亜高木で,アジア東部に分布する。関東地方より西の各地で山野の林中に自生する。枝は紫黒色でやや太く,葉は3~5対の小葉をもつ奇数羽状複葉で長さ 30cmほどになり,対生する。小葉は先のとがった長卵形で縁に内側に曲った鋸歯をもつ。初夏の頃,大きな円錐花序を頂生し,黄緑色5弁の小花を多数つける。果実は 蒴果で裂開すると厚い殻の赤色の内面が現れ美しい。裂けた殻片の縁に光沢のある黒色の種子をつけている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴンズイ【Euscaphis japonica (Thunb.) Kanitz】

暖地の二次林などに生えるミツバウツギ科の落葉小高木で,初秋には赤い実のかたまりが著しい(イラスト)。高さ6mほどにもなり,毎年,枝先が枯れ落ちるので二叉(にさ)状に分枝する。葉は対生する奇数羽状複葉で,長さ20~40cm,小葉は2~5対あり,狭卵形ないし広披針形で長さ4~8cm,縁に鋭い細鋸歯がある。5月ころ新枝の先端に円錐花序を出し,黄緑色の小さい花をつける。萼片と花弁は同形で5個ずつ直立し,おしべも5本。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ゴンズイの関連キーワードゴンズイ(海水魚)ゴンズイ(権瑞)ゴンズイダイバーゴンズイ(魚類)ライフセーバークーガイユ狐の茶袋海黄顙魚発音魚電気魚魚貝毒ナマズ狐茶袋胡麻木黒臭木海義々小便木梅干樹とげ権瑞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴンズイの関連情報