ゴンバデカーブース(英語表記)Gonbad-e Qāvūs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴンバデカーブース
Gonbad-e Qāvūs

イラン北部,マーザンダラーン州の都市。ゴルガーンの北東に位置し,トルクメニスタン国境に近く,住民はトルクメン人が多い。農業が盛んで,綿花,タバコを産するほか,ヒツジの飼育も行なわれる。古代名ジュルジャーン。現在の地名は「カーブースのゴンバド(墓塔)」の意で,11世紀のジヤール朝にこの地を治めたカーブースの墓塔(1006~07)が建つことに由来する。墓塔は煉瓦づくりで,高さ 53m,直径 15.5~17mの多角形の柱の上に円錐形の屋根が載る。2012年世界遺産の文化遺産に登録された。人口 8万7100(1986)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴンバデ‐カーブース(Gonbad-e Kāvus)

イラン北部、ゴレスターン州の都市。トルクメニスタンとの国境に近く、トルクメン人が多く居住する。町の名の由来となった、同地方を治めたズィヤール朝第4代君主カーブースの巨大な霊廟(れいびょう)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android