コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイダー サイダー cider

翻訳|cider

10件 の用語解説(サイダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイダー
サイダー
cider

ヨーロッパではシードルといい,りんご酒を指す。日本では一般に清涼飲料の一種で,シャンペンサイダーのうちアルコールを含まないものをいう。砂糖,酒石酸,香料などを炭酸水に溶いてつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サイダー(cider)

りんご酒の意》香料や枸櫞(くえん)酸などを加えた砂糖液と、炭酸水とを混合した清涼飲料水 夏》「―やしじに泡だつ薄みどり/草城

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サイダー

レバノン南部,地中海岸の港湾都市。旧名はシドン。ペルシア湾岸のバーレーンからのパイプラインの終点で,石油積出港として重要。レバノン南部の農産物集散地であり,また漁港でもある。

サイダー

清涼飲料の一種。炭酸水に砂糖,酸味料,各種香料などを加え,びん詰にしたものをいう。本来はリンゴ酒シードルとも。リンゴ汁を発酵させたアルコール飲料)のことであったが,この風味を模し1887年〈金線サイダー〉が売り出されたのが初め。
→関連項目清涼飲料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

サイダー

 米国では香料,糖,酸などを水に溶かして炭酸を封入した飲料.英国では発酵させたリンゴジュースをいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サイダー【Ṣaydā】

レバノン南部の商・漁港。首都ベイルートから南へ約50kmにある南レバノンの中心都市。人口3万8000(1988)。古代名はシドン。7世紀前半にアラブイスラムの支配下に入り,1516‐1918年の間はオスマン帝国下にあった。十字軍時代からの城が海岸に残っている。ほかに,考古学的遺跡もある。後背の山岳地帯からの農産物の集散地で,かたわらアラビア半島からシリア砂漠を横断してくる石油パイプラインの終点で精油所もある。

サイダー

清涼飲料の一種。本来はリンゴ酒(シードル)を意味する英語であるが,日本では明治初年以来シャンペン・サイダーと呼ぶリンゴ系のエッセンスを用いた炭酸飲料をこの名で呼んでいた。1899年横浜の秋元巳之助が〈金線サイダー〉を発売,1904年これを王冠栓のガラスびん入りにしてからは,ほぼ同じ成分の炭酸飲料を玉入りガラスびんに詰めたものをラムネ,王冠栓を用いたものをサイダーと通称するようになった。以後,07年に三ツ矢サイダー,08年にリボンシトロン,28年にキリンレモンが発売され,現在では,かんきつ,とくにレモン系のエッセンスを用いたものになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サイダー【cider】

〔本来は、リンゴ酒の意〕
炭酸水に香料・砂糖などを加えた清涼飲料。 [季] 夏。 〔「苹菓酒」とも書く〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

サイダー【cider】


炭酸水に糖類を加え、酸味料や香料で風味づけした無色透明の清涼飲料水。◇元来は「りんご酒」の意。明治初期から「シャンペンサイダー」として販売され、「サイダ-」の語が一般化。当初はリンゴの香料を用いた。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイダー
さいだー
cider

日本独特の清涼飲料で、香料を加え甘味料とクエン酸で味つけした無色の炭酸飲料をいう。明治時代に「シャンペン・サイダー」という人工香料を用いた炭酸飲料を売り出したのが好評を得たため、同類品の通称となった。英語のcider(サイダー)はりんご果汁やりんご酒のことで、日本のサイダーとは別物である。ラムネと大差ないが、ラムネはレモネードからきた名前で、サイダーもレモネードの一種と考えてよい。サイダーの製造は、1887年(明治20)ごろ横浜の秋元巳之助(みのすけ)が、ラムネ製造のかたわら金線サイダーの名で売り出したのが最初とされる。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサイダーの言及

【シドン】より

…テュロスと並ぶフェニキアの海港都市。現在名サイダーで,レバノン南西部にある。古来,商業都市として繁栄し,シリア,パレスティナの内陸部への植民も行った。…

※「サイダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サイダーの関連キーワードスポーツドリンク清涼飲料水ソフトドリンク林檎酸林檎酒すっきり果実 ふじりんごニッカ シードルスクアッシュ粉末清涼飲料リンゴ酒

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイダーの関連情報