枸櫞酸(読み)くえんさん

精選版 日本国語大辞典「枸櫞酸」の解説

くえん‐さん【枸櫞酸】

〘名〙 カルボン酸の一つ。化学式 C3H4OH(COOH)3 無色無臭、斜方晶系結晶ダイダイ、レモン、スグリ、サトウダイコンその他の花や植物の種子、果汁中に遊離の状態で含まれ、酸味の主成分をなしている。工業的にはアセトンからの合成、またはブドウ糖からのクエン酸発酵でつくる。生物の細胞内の物質代謝に重要な役割を果たす。水酸化物、硫化物の沈殿防止に利用されるほか、果汁・清涼飲料の添加物、医薬品などに用いられる。シトロン酸。〔薬品名彙(1873)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「枸櫞酸」の解説

くえん‐さん【××櫞酸】

柑橘かんきつ類の果実に多く含まれる有機酸。水に溶けやすい結晶で、さわやかな酸味がある。清涼飲料・医薬品などに利用。
[類語]硫酸亜硫酸塩酸硝酸硼酸酒石酸燐酸酢酸炭酸乳酸王水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android