コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイトカイン さいとかいん cytokines

6件 の用語解説(サイトカインの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

サイトカイン

抗原が感作リンパ球に結合した時に、このリンパ球から分泌される特殊なたんぱく質の総称。これまでに、数十種類見つかっている。代表的なものにインターロイキンインターフェロン腫瘍壊死因子、ケモカイン、コロニー刺激因子増殖因子などがある。いずれも、免疫系の調節、炎症反応の惹起、細胞の増殖や分化の調整、抗腫瘍作用に関係し、感染防御、生体機能の調節、様々な疾患の発症の抑制に重要な役割を果たしている。サイトカインやサイトカインの作用を阻害する物質(抗サイトカイン物質)を様々な病気の治療にも使っている(サイトカイン療法)。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サイトカイン(cytokine)

細胞から放出され、特定の細胞に働きかけるたんぱく質の総称。免疫炎症反応などの生体防御機構に重要な役割を果たす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サイトカイン

免疫細胞のあいだで情報伝達を担うタンパク質の総称。インターフェロンや腫瘍壊死因子(TNF)などのほか,リンパ球が産生するものをリンホカインマクロファージが産生するものをモノカインと,まちまちに呼ばれてきた。
→関連項目免疫療法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

サイトカイン

 リンパ球が生産する免疫系細胞の増殖,分化,運動などを調節するタンパク質の総称.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サイトカイン【cytokine】

細胞から放出されて、免疫作用・抗腫瘍作用・抗ウイルス作用・細胞増殖や分化の調節作用を示すタンパク質の総称。インターロイキン、インターフェロンなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイトカイン
さいとかいん
cytokine

免疫に関与する低分子(小さい分子量)の特定のタンパク質の総称のこと。サイトカインには免疫や炎症に関与する物質が多く、主として特定の細胞間の情報伝達を担っている。さらに、細胞同士の相互作用や情報の伝達と交換、細胞動態にも影響を与えており、細胞の生存や正常な維持に欠かせない物質である。
 具体的には、インターロイキン(IL)、インターフェロン(IFN)、細胞壊死(えし)因子(TNF)、各種のコロニー刺激因子をはじめとした多様な種類があり、現在までに数百種発見されている。シグナルの伝達等の細胞レベルでの働きや、炎症や免疫、生体の防御への関与といった機能的側面からの分類と、構造的な特長による分類が可能である。
 1950年代に日本の医学博士長野泰一(やすいち)(1906―1998)らがインターフェロンを発見したが、サイトカインという名称と範疇(はんちゅう)が定着し、注目される分野として研究がより一層活発化したのは1980年代からである。
 インターフェロンなどの、ウイルスに干渉する物質は、白血球のなかのリンパ球lymphocyteから分泌されることから、リンフォカインと総称されていた。リンフォカインとは、リンパ球の接頭語であるlymphoとkine(ギリシア語の「動く」を意味するkineinに由来)からなる造語である。その後、研究が進むにつれて、リンパ球以外の細胞からもこうした物質が分泌されることがわかり、これらをサイトカイン(「細胞」を意味するcytoとkineからなる造語)と総称するようになった。
 免疫系に関する研究は、日本を含めた世界各国で活発に進められている。研究成果は日進月歩であり、新しいサイトカイン物質の発見や、その作用について、多くの論文が発表されている。たとえば、インターロイキンについても、すでにIL28やIL29が発見され、さらにそのサブグループについての研究も進んでいる。[飯野和美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサイトカインの言及

【リンホカイン】より

…おもなものにマクロファージ遊走阻止因子macrophage(migration)inhibitory factor(MIFと略記),白血球遊走阻止因子leucocyte inhibitory factor(LIFと略記),リンパ球の分裂を促進するマイトジェン因子mitogenic factor(MFと略記),リンホトキシンlymphotoxinなどがあり,インターフェロンをも含めることがある。なお,近年では広義にマクロファージが産生するモノカインmonokine(インターロイキンinterleukin‐1ともいう)や非リンパ球が産生するサイトカインcytokineなどをも含める場合が多い。免疫【松山 正】。…

※「サイトカイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サイトカインの関連キーワード抗体モノクローナル抗体体液性免疫細胞性免疫感作キラー細胞主要組織適合抗原複合タンパク質抗原認識液性免疫 (humoral immunity)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイトカインの関連情報