コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サギフエ サギフエ Macroramphosus scolopax

3件 の用語解説(サギフエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サギフエ
サギフエ
Macroramphosus scolopax

トゲウオ目サギフエ科の海水魚。全長 20cm内外。体は強く側扁し,吻は管状に伸びる。背鰭第2棘は強大で,尾鰭の基底より後方に伸びる。腹鰭は小さく,腹位。体表は硬い。体は紅色で,腹部は銀光沢が強い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サギフエ【snipe fish】

ヨウジウオ目サギフエ科の海産魚(イラスト)。高知県ではウグイスツノパゲなどと呼ばれる。吻(ふん)が管状に突出し,先端に小さな口が開く。口には歯がない。また,第1背びれの第2棘(きよく)が強大で長くのびる。長楕円形の体は強く側扁し,表面は不規則に並んだ細かいうろこで覆われる。頭~背部,腹部の皮下に数列の骨板が埋もれ,それらの隆起縁は体表に現れている。側線はない。体色は背側が鮮やかな桃色で腹側に向かい色が淡くなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サギフエ
さぎふえ / 鷺笛
snipe fishtrumpet fish
[学]Macrorhamphosus sagifue

硬骨魚綱トゲウオ目サギフエ科に属する海水魚。岩手県以南の太平洋沿岸、北海道南部から兵庫県までの日本海東シナ海、台湾に分布する。体は薄くて堅く、粗雑な鱗(うろこ)で包まれる。頭部の前半部は細い管状となって、その先端に小さな口がある。第1背びれには4~7本の棘(とげ)があるが、そのうちの第2棘(きょく)はとくに強大である。腹びれは腹部にあり1棘5軟条よりなる。体は上半分が赤く、下半分は銀白色である。全長20センチメートルになる。500メートル以浅の砂泥底近くに群れで生息する。体をやや斜めに倒立して、海底にすむ動物プランクトン、甲殻類などの小動物を食べる。産卵期は1~2月。稚魚は外洋の表層にすむ。底引網で漁獲されるが、食用にしない。風変わりな体つきと生態から水族館で展示される。
 本種と似たダイコクサギフエMacrorhamphosus japonicusは体が低く、第2背びれ棘が短くて、倒すと第2背びれ基底後端を越えないこと、この棘の後縁に鋸歯(きょし)がないことなどでサギフエと区別できる。しかしこれら2種を同種とする研究者もいる。サギフエに似た化石が後期白亜紀から知られている。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サギフエの関連キーワード鷺笛楊枝魚アカトビウオアヤトビウオカラスガレイハイド:日の出のカササギフエガラス/piano soloカミソリウオ(剃刀魚)ヘコアユ(兵児鮎)ヨウジウオ(楊子魚)カササギフエガラス属

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サギフエの関連情報