コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクソ・グラマティクス サクソ・グラマティクス Saxo Grammaticus

2件 の用語解説(サクソ・グラマティクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サクソ・グラマティクス
サクソ・グラマティクス
Saxo Grammaticus

12世紀中頃から 13世紀初頭のデンマークの歴史家。姓は不明,「グラマティクス」は,すぐれたラテン語の文章を書いたために「文法家」と呼ばれたのが通称となったもの。コペンハーゲン港を開いた大司教アブサロン (1128~1201) の書記をつとめ,そのすすめで『デンマーク人の事跡』 Gesta Danorumをラテン語で書いたことで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サクソ・グラマティクス
さくそぐらまてぃくす
Saxo Grammaticus
(1150ころ―1220ころ)

デンマークの歴史家。シェラン島出身。ルンド大司教アブサロンの書記として、彼の要請で大著『ゲスタ・ダノールム』Gesta Danorum(デーン人の事績)を書き始め、バルデマー2世とアブサロンの後継者アナース・スーネセン大司教に献呈した。ラテン語に精通し、古典文学に博学であることからみて、フランスに滞在し、ここで当時の学問的教養を身につけた可能性が強い。『ゲスタ・ダノールム』は16書からなり、1書から9書ではデンマークのゴルム老王に至る神話、伝説時代を、10書以降ではハラール青歯王からクヌード6世の1185年までを取り扱い、同時代人スベン・アッゲセンの『デンマーク王国略史』とともに貴重な文献史料となっている。名文家を意味するあだ名「グラマティクス」は、14世紀の年代記に最初に現れるが、広く知られるようになるのは16世紀以降である。[牧野正憲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクソ・グラマティクスの関連キーワードハンマークラビア赤穂塩田宮城県伊具郡丸森町金山埼玉県深谷市本田神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷神奈川県平塚市高根石川県鹿島郡中能登町西馬場滋賀県栗東市安養寺大阪府高槻市上土室島根県益田市遠田町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone