コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サゴヤシ サゴヤシMetroxylon sagu; sago palm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サゴヤシ
Metroxylon sagu; sago palm

ヤシ科の高木。マレーシア各地の淡水の湿地帯に分布する。高さ 10mぐらい,基部から多数分枝する。葉は長い羽状複葉で,葉柄には長いとげがある。花は幹の頂部に大型の円錐花序をなして多数咲き,果実は 1cmぐらいの大きさで鱗片におおわれる。 15年目ぐらいで初めて花をつけ,結果後その幹は枯れる。開花直前には茎の中に多量のデンプンを含む。この時期に切り倒して縦断し,髄をかき出して砕き,水洗いして良質のデンプンをとる。これをサゴまたはサゴデンプンと呼び,食用,ブドウ糖製造用,または綿糸の糊料などに用いられる。種子は発芽しにくく,また収穫までに 10年以上もかかるので大規模な栽培はなく,もっぱら自生品が利用される。なお,同じサゴヤシ sago palmの名で呼ばれる別種のヤシ M. rumphiiがあり,ほぼ同様にサゴデンプンがとれる。ニューギニアの原産で南太平洋地域で広くつくられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サゴヤシ

マレー半島の淡水湿地帯原産のヤシ。幹は基部から多数分枝して束生し,高さ10m内外。花は発芽後15年目ぐらいで咲き,一度開花すれば枯死する。開花直前の,茎に最も多量のデンプンを含む時期に切り倒し,髄を砕いて水洗し,食用のサゴデンプンをとる。
→関連項目デンプン(澱粉)料作物ヤシ(椰子)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サゴヤシ【sago palm】

通常,栽培するヤシ科の高木で,マレーシア熱帯低地の湿地に生える(イラスト)。若木は地下茎から多数出るので,純林をつくりやすい。若いときは茎はごく短く,ニッパヤシに似ている。茎は直立し,高さ7~15m,直径30~60cm。サゴデンプンをとるために栽培されるのはホンサゴM.sagus Rottb.とトゲサゴM.rumphii Mart.である。トゲサゴは葉鞘(ようしよう)や中肋に長いとげがあるのでホンサゴと区別されるが,同一種とする人もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サゴヤシ
さごやし
sago palmcommonsago palm
[学]Metroxylon sagus Rottb.

ヤシ科サゴヤシ属(メトロキシロン属)の1種。学名のメトロキシロンは芯(しん)がある木、サグスは本種の食料品のマレーシア現地語名である。マレーシア、インドネシア、フィリピン原産。幹は株立ちで、高さ12~15メートル、径30~40センチメートル、幹に環状の葉痕(ようこん)がある。幹の根元は斜めに急曲する。葉は羽状葉で全裂し、光沢のある濃緑色。小葉は披針(ひしん)形でV字状に斜め上に着生し、長さ1メートル、幅8センチメートル。葉鞘(ようしょう)、葉柄、葉軸のすべてに刺(とげ)がない。肉穂花序が幹頂に直立状につき、20本以上の花柄に分かれ、それぞれ長さ2.5メートル、主花柄は長さ3.5メートルになる。雌雄同株で雄花と両性花があり、雌雄とも淡褐色の革質で長さ6~7ミリメートル、径3ミリメートル。雄しべは6本、長さ5ミリメートル、葯(やく)は長さ5ミリメートル、雌しべは長さ5ミリメートル、子房は下向き瓦(かわら)重ね状の鱗(うろこ)に覆われ、高さ5ミリメートル。花は1代に1回開化結実し、大量の果実を結ぶ。果実は光沢のある暗黄色の鱗片(りんぺん)で覆われ、球形または上端が平らな球形で、長さ径とも4センチメートル。種子は褐色の海綿状コルク質で覆われ、表面は黒色で上方に開口した壺(つぼ)状の球形で、径2.5センチメートル。底面に胚(はい)がある。
 サゴヤシ属には、本種以外にニューギニア、ソロモン、サモア、トンガ、ニュー・ヘブリデス、フィジー、カロリン諸島に9種19変種があるが、本種はサゴデンプンをとる代表的な栽培種である。デンプンは幹を割ってとる。全体に形がよく、観賞用にもされ、鉢栽培も可能である。多湿でよく育ち、最低温度は13℃である。
 本種以外で、デンプンをとるものにトゲサゴヤシrumphius sago palm, sping sago/M. rumphii Mart.がある。マレーシア原産で、幹は前者よりやや低いが、径は60センチメートルの大形ヤシで、分げつが多く、葉鞘、葉柄、葉軸全体に無数の長く鋭い刺がある。花や果実は前者同様である。[佐竹利彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサゴヤシの言及

【ソテツ(蘇鉄)】より

…九州南部から琉球諸島にかけて自生するが,濃緑色でつやのある葉を観賞するために,関東以南の庭園に露地植えにされるソテツ科の植物(イラスト,イラスト)。関東北部では冬に霜から保護するために,葉を切り取り,株全体をわらで包む必要がある。幹は太く,葉柄基部が枯れ残って周囲をうろこ状におおう。高さ2mほど,まれに5mを超すことがあり,しばしば側方から芽を出して,枝分れする。茎頂から葉を四方に広げる。葉は長さ50~100cm,1回羽状に分裂し,羽片は線形で長さ8~20cm,幅3~5mm。…

【ヤシ(椰子)】より

…果実が食用あるいは油脂源とされるものは多いが,なかでもココヤシ,アブラヤシナツメヤシ(イラスト)の3種が有名で,熱帯の重要な栽培作物となっている。サゴヤシ(イラスト)は幹からデンプンが採取され,サラッカは果実が果物になることで有名である。またつや出しワックスで有名なカルナウバ蠟(ろう)carnauba waxは南アメリカ産のカルナウバヤシCopernicia ceriferaの葉から採取される。…

※「サゴヤシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サゴヤシの関連キーワードデンプン(澱粉)料作物サトウヤシ(砂糖椰子)ニューアイルランド島ハルマヘラ[島]バチャン[島]マライタ[島]オオボタンヤシタニンバル諸島モロタイ[島]タラウド諸島アルフール人サゴヤシ学会ハルマヘラ島ミソール島ワイゲオ島ムラナウ族シンケプ島マヌース島モロタイ島ルパット島

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サゴヤシの関連情報