サジオモダカ(読み)さじおもだか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サジオモダカ
さじおもだか / 匙面高
[学]Alisma plantago-aquatica L. var. orientale Sam.

オモダカ科(APG分類:オモダカ科)の抽水性多年草。種子または塊茎で越冬する。葉は根生し、幼葉はやや披針(ひしん)形、成葉は卵状楕円(だえん)形で匙(さじ)状、長さ5~10センチメートル、幅2~5センチメートル、5~7条の顕著な葉脈がある。名は、成葉の形による。6~10月、高さ0.5~1.5メートルの花茎に複総状花序をなし、ヘラオモダカに似た花を開く。痩果(そうか)は扁平(へんぺい)倒卵形で縁(へり)に翼片がなく、背面に2本の浅い縦溝がある。池沼や水湿地に群生し、北海道から本州北部、およびアジア北東部に分布する。[大滝末男]

薬用

漢方では塊茎を沢瀉(たくしゃ)といい、利尿、解熱剤として浮腫(ふしゅ)、下痢、口渇、めまい、淋病(りんびょう)などの治療に用いる。日本では長野県、北海道で少量が栽培されることもあるが、中国では四川(しせん)省、福建省を中心に、広大な面積をもって栽培される。中国産は品質がよいので有名である。なお、薬用では昔から沢瀉をオモダカと訓じているが、これは誤りである。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサジオモダカの言及

【オモダカ(沢瀉)】より

…東アジアからオーストラリアにかけて広く分布し,日本では全国の浅い池や水湿地に生育し,ときに水田雑草となる。ヘラオモダカに似て葉が少し広く楕円形になるサジオモダカA.plantagoaquatica L.var.orientale Samuels.も種としてはユーラシアからオーストラリアやアフリカまで広く分布する。この塊茎を漢方では沢瀉(たくしや)と呼び,デンプン,精油,アルカロイド性物質,脂肪油,コリン,トリテルペノイドを含む。…

※「サジオモダカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android