コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サソリ(蠍) サソリ

百科事典マイペディアの解説

サソリ(蠍)【サソリ】

節足動物蛛形(ちゅけい)綱サソリ目の総称。現生種約600。体長は4〜6cmのものが多いが,最大種のダイオウサソリ(西アフリカに分布)では18cmに達する。先端がはさみ状になった大きな触肢と,腹部後端の毒針が特徴。猛毒をもつものもあるが,普通は一般に恐れられているほど毒性は強くない。夜行性で昆虫を主食とする。交尾の際に雌雄が向かい合ってするダンスはよく知られる。卵胎生。雌は孵化(ふか)したばかりの子を背中に乗せて保護する。熱帯・亜熱帯に種類が多く,沖縄・台湾にヤエヤマサソリマダラサソリ,小笠原にマダラサソリを産する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サソリ【サソリ(蠍) scorpion】

蛛形(ちゆけい)綱サソリ目Scorpiones(=Scorpionida)の節足動物の総称。蝎は誤用でこれはキクイムシのことを指す。
[種類と分布]
 全世界に約600種おり,南北アメリカ,アフリカ,アジア(熱帯~亜熱帯,朝鮮半島,中国),オーストラリア(ニュージーランドにはいない),ヨーロッパ(ギリシア,スペイン,イタリア,バルカン地方)に分布する。日本に定着しているのはわずか2種類だけで,ヤエヤマサソリイラスト)が宮古八重山列島に,マダラサソリ(イラスト)が宮古・八重山列島,沖縄島,小笠原諸島に生息する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサソリ(蠍)の言及

【毒腺】より

…ムカデなどの唇脚類では口器に毒爪(どくそう)poison clawがあり,内部に毒腺が開口している。そのほか,サソリ類では尾節に,クモ類では上顎に毒腺がある。【町田 武生】。…

※「サソリ(蠍)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

サソリ(蠍)の関連キーワードニュージーランドギリシアカニムシ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サソリ(蠍)の関連情報