サツキ(皐月)(読み)サツキ

百科事典マイペディアの解説

サツキ(皐月)【サツキ】

関東以西の川岸の岩上に自生するツツジ科の半常緑低木。高さ1m以内。古くから園芸化されて品種が多く,盆栽や庭木として栽培されている。開花は5〜7月,花色は深紅〜白,咲き分け,絞り等があり,八重咲種もある。ツツジとの違いは,花期が遅く,葉が細く鋭頭,おしべが5本で葯(やく)が暗紫色な点。普通はさし木でふやし,品種改良には実生(みしょう)を行う。陰暦の5月(さつき)に咲くのでこの名がある。
→関連項目ツツジ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サツキ【サツキ(皐月) Rhododendron indicum (L.) Sweet(=Azalea indica L.)】

日本で江戸時代から園芸化され,花の美しい品種が多く,盆栽や鉢花,庭木に栽培されるツツジ科の低木。和名サツキツツジの略称で,5月(皐月)に開花することから名付けられた。漢名の杜鵑(とけん)はロードデンドロン・シムシーR.simsii Planch.をさし,またツツジ属を総称して杜鵑花とも呼ぶので,サツキに杜鵑の字を当てるのは誤り。樹高は1m内外。枝は細く密生し横に広がる。葉は互生し,長さ2~5cm,披針形または狭倒披針形で先がとがり,若枝とともに褐色毛がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサツキ(皐月)の言及

【ツツジ(躑躅)】より

…【飯島 吉晴】。。…

【ツツジ(躑躅)】より

…この概念が第2次世界大戦後日本に入ってきて,従来の概念と食い違って混乱を起こしている。しかし,系統的には常緑と落葉とで本質的な区別はなく,日本のツツジ類は半落葉性で,サクラツツジやマルバサツキのような常緑性といえるものもあり,ツツジ類とシャクナゲ類の区別は便宜的なものといえる。 ツツジ属はエゾツツジを除いて,大きくヒカゲツツジ亜属とツツジ亜属に分けられる。…

※「サツキ(皐月)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android