コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サフランボル Safranbolu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サフランボル
Safranbolu

トルコ北西部,ゾングルダク県の町。黒海から 60km入ったギュムシュ谷に沿って開け,トルコ民家の古い町並みが残る町として知られる。古くから交通の要衝で,13~17世紀には交易路の中継地,隊商のための宿場町として繁栄をきわめた。職人たちの作業場兼住居であったトルコ風の家屋が並ぶチャルシュ地区,イスラム系以外の居住区でヨーロッパ風の家屋が並ぶクランキョイ地区,大邸宅が集まる北西部のバーラル地区に分けられる。全盛時代にチャルシュ地区の中央広場に建てられたキャラバンサライは,オスマン帝国とともに衰退し,現在では廃虚となっている。 1976年に旧市街の保護令が出されたものの,1982年に修復作業が始まるまで,有効な保存対策はなされなかった。 1994年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サフランボル(Safranbolu)

トルコ北部の小都市。黒海から約50キロメートル離れた山々に囲まれた谷間に位置する。名称は、古くからサフラン集散地として知られたことに由来する。オスマン帝国時代の14世紀から17世紀にかけて、東西交易を結ぶ隊商都市として発展。築100年から200年の土壁に木の窓枠が並ぶ伝統的な家屋が数多く現存し、1994年、「サフランボル市街」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

サフランボル

トルコの首都アンカラの北約160kmにある小都市。名前はかつてサフランが多かったことに由来するといわれる。13世紀から鉄道が開通する20世紀初めまで,東西交易ルートの拠点として繁栄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

サフランボルの関連キーワードブラクメンジリス洞窟フドゥルルックの丘インジェカヤ水道橋ヨリュクキョユモスク

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android