コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サボー サボーSzabó Dezsö

4件 の用語解説(サボーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サボー
サボー
Szabó Dezsö

[生]1879.6.10. コロジュワール
[没]1945.1.5. ブダペスト
ハンガリーの小説家,評論家。下層貴族の出身。言語学者を志望したが,パリ留学ののち教師になり,反ユダヤ主義者として評論活動を始めた。それが原因でナジワーラドに転勤になり,その地でハンガリーの新しい詩に触れ,雑誌『西洋』に評論,小説を発表するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

サボー
サボー
Szabó Istvan Nagytádi

[生]1863
[没]1924
ハンガリーの政治家,農民の指導者。富農出身。両世界大戦間におけるハンガリーの最有力政党,小地主党の創立者。 1919年独立政府の無任所相,経済相,ソビエト共和国の崩壊後,農業相を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

サボー
サボー
Szabó Magda

[生]1917.10.5. デブレツェン
ハンガリーの女流小説家,詩人。 1959年まで小学校教師として働きながら,詩を発表していたが,『フレスコ』 Freskó (1958) ,『子鹿』 Az öz (59) などにより小説家としての文名を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サボー【Szabó Ervin】

1877‐1918
ハンガリーのマルクス主義思想家。大学で法律を学び,1904年からブダペスト市立図書館司書,11年から死まで同館長。22歳から社会民主党に入り左派の立場から指導部を批判。やがて離党してサンディカリストグループをつくる。マルクスエンゲルスの著作の翻訳と解説を行い,その1848年革命論を批判,第1次大戦前のハンガリー思想界の指導者の一人となる。1903年から《20世紀》紙に寄稿。08年にできた〈ガリレオ・サークル〉とも密接な関係をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

サボーの関連キーワード織田純一郎ドンケル=クルティウス変朽安山岩教育令沖縄(県)刑具紙幣整理尚氏電球琉球処分

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サボーの関連情報