コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サムドラグプタ サムドラグプタSamudragupta

2件 の用語解説(サムドラグプタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サムドラグプタ
サムドラグプタ
Samudragupta

インド,グプタ朝第2代の王 (在位 335頃~376頃) 。チャンドラグプタ1世リッチャビ家出身の王妃の間に生れた。父の跡を継ぎ王朝の領域を拡大し,ガンジス流域ばかりでなく,中央インドと北西インドを従え,さらに南インドに遠征してその諸王朝をも従属させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サムドラグプタ【Samudragupta】

古代インド,グプタ朝第2代の王。在位335‐376年ころ。生没年不詳。父はチャンドラグプタ1世,母は名家リッチャビ家の娘。40年にわたる治世にガンガー(ガンジス)中流域を根拠として北インドの大半を征略し,領域の支配体制を樹立して,グプタ帝国の真の建設者となった。王の征略についてはアラーハーバード石柱碑文に記されており,それによれば,ガンガー上流域とその南部を領土に併合し,ついで中央インドからデカン東部の諸王を制圧し,さらに辺境の諸国に朝貢させたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のサムドラグプタの言及

【グプタ朝】より

…319∥320年にあたる〈グプタ紀元〉元年は,王が即位した年であろう。その子サムドラグプタは,その軍事的功業,才能と威徳をたたえたアラーハーバード石柱碑文によれば,ガンガー流域一帯に領土を拡大し,ラージャスターン,中央インドからデカン東部にかけての諸王を服属させ,南インドのカーンチーに都したパッラバ朝の領土まで遠征し,さらに周辺の諸部族や異民族,遠くはスリランカからも貢租を納めさせたという。この広大な領域を継承したチャンドラグプタ2世は,古くから栄えた都市ウッジャイニー(ウッジャイン)を占領して,南北の交通の要衝マールワー地方を抑え,そこからグジャラートを征服して,3世紀間にわたって西部インドを支配したサカ(シャカ)族を滅ぼした。…

※「サムドラグプタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone