コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サムヌア サムヌア Sam Neua

3件 の用語解説(サムヌアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サムヌア
サムヌア
Sam Neua

ラオス東北部の町。首都ビエンチャンの北北東約 320kmの山岳地帯にあり,ベトナムとの国境に近い。安息香 (天然樹脂の一種) ,漆の集散地。硫黄温泉がある。ラオスの内戦期間中,パテト・ラオ根拠地がおかれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サム‐ヌア(Sam Neua)

ラオス北東部の都市。サムヌア県の県庁所在地。首都ビエンチャンの北東約300キロメートル、標高約1200メートルの山間盆地に位置し、ナムサム川が流れる。ラオス内戦時にラオス愛国戦線の本拠が置かれた。織物の産地として有名。サムヌーワ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サムヌア【Sam Neua】

ラオス北東部の都市で,同名省の省都。人口約1万。山間の小都市であるが,道路でベトナムへつながる要地である。1950年以来ラオス愛国戦線(人民革命党の前身)が本拠地とした所で,ベトナム戦争,ラオス内戦で何度も爆撃を受け破壊された。56年第1回愛国戦線全国大会もここで開かれ,ラオス革命の発祥地,聖地といわれる。付近の山岳部には赤タイ族などの少数民族が居住する。【石沢 良昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サムヌアの関連キーワードクアンガイノーンカーイハリコフビンルアンプラバン桂林省都サバナケットプエルト・バリオスポンサリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone